日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

全開 特出し姉妹
ゼンカイトクダシシマイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1976年04月03日 
製作会社
日活映画 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
70分  

いじわるな姉とけな気な妹の姉妹ストリッパーを主人公にしたロマン・ポルノ。脚本は「淫絶夫人 快楽の奥」の池田正一、監督は「(秘)海女レポート 淫絶」の近藤幸彦、撮影は「夫婦秘戯くらべ」の安藤庄平がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
樋口弘美
企画
奥村幸士
原案
きだいちろ
脚本
池田正一
監督
近藤幸彦
撮影
安藤庄平
音楽
蓼科二郎
美術
菊川芳江
録音
木村瑛二
照明
小林秀之
スチール
寺本正一
編集
井上治
助監督
上垣保朗

ストーリー

マリは心優しいストリッパーだが姉のナミは意地悪でケチで性格は正反対。ある日ナミはマリの恋人の光一を誘惑、おまけにマリのギャラを拝借して二人で行方をくらました。だが、とある町でマナ板ショーをやっていたマリの前にナミと別れた光一が現われた。二人はステージである事を忘れエスカレートしていった。やがて光一はマリに献身し、マリも光一の為に必死に働いた。その頃、ナミは傷害事件を起こし逮捕され出所してからは、犬を相手に獣姦ショーをするようになっていた。マリと光一の蜜月も長くは続かなかった。せっかく貯めた金を持って光一が女と失踪したのだ。ナミも興行主にピンハネされた事で怨み、ヒモと一緒に強盗するところまで身を落としてしまっていた。しかし、マリは今日も客の喝采に答え、精一杯踊り、股を奥の奥まで広げていた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました