日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

テキヤの石松
テキヤノイシマツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1976年04月10日 
製作会社
東映京都映画 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

自ら“石松”を名乗るテキヤを主人公に、彼を取りまく様々な人物が捲き起こすアクション喜劇。脚本は「任侠花一輪」の村尾昭と「くノの一忍法 観音開き」の松本功、監督は脚本も執筆している「激突!合気道」の小沢茂弘、撮影は「実録外伝 大阪電撃作戦」の増田敏雄がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
松平乗道今川行雄中邨秀雄平野元貞
脚本
村尾昭松本功小沢茂弘
監督
小沢茂弘
撮影
増田敏雄
音楽
青山八郎
美術
井川徳道
録音
野津裕男
照明
金子凱美
スチール
木村武司
編集
堀池幸三
助監督
牧口雄二

ストーリー

本庄石松は、高級キャンピング・カーを乗り回し、現代の最先端を行くテキヤと自負している。大阪には妹のマチ子がおり、マチ子には一流大学出身の婿を世話するのが夢。彼の仲間には、さくら役の舎弟分ガチャやん、石松に惚れて追いかけまわっている女テキヤの小泉花子などがいる。ある日、石松は、倉敷の果樹園の娘で一億円の借金を返済すべくストリッパーになろうとしている大前トミ江と知り合い、彼女を放置しては危険と、彼女を実家に送り届けることにした。彼女を家に送ってすぐ帰ろうとした石松だったが、トミ江の姉の静香を見て一目惚れ、おまけにその余勢で借金返済の手助けを買って出てしまった。公害で質の低下した果樹園を他へ移動させるために、土地を担保に金融業者・星野産業から借りた一億円を、不動産屋・財前開発の集金人に持ち逃げされたのだった。返済日があと数日に迫ったために、石松は星野産業へ乗り込み、期限の延長を依頼するが、相手にされず突っ返される。そこで、知り合いのペテン師・串田に元手のかからぬ珍品--ハワイ産の空気、アラスカの氷、香りで酔える酒粕等々を作ってもらい、商売するが一億円にはほど遠い。そんな頃、妹のマチ子が見も知らぬ佐川ツトムという男と同棲しだした。すっかりしょげている石松だったが、星野と財前がグルになって大前家を騙している事が分り、俄然ハッスルしだした。相手が詐欺師ならこっちもその上を行ってやると、串田以下、ガチャやん、花子、マチ子、ツトム等、石松一家を総動員して大芝居を打った。架空の不動産会社と架空の土地をデッチ上げて挑むと、財前たちはまんまと引っかかり、石松は一億二千万円を手に入れた。静香の感謝の微笑を見た石松は、これで静香のハートはほぼ射止めたと胸を弾ませた。しかし、その幸福も束の間、石松の前に金策の為疲れ果てた静香の婚約者の木下五郎が現われた。思いもよらぬ男の出現で気力を失くした石松だったが、星野が利息分が足りないと金を突っ返して来たので、胸の痛みを忘れて星野の事務所に乗り込んだ……。数日後、石松は各地の祭りを巡り、花子に追いまわされる生活に戻っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。