日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女教師 童貞狩り
オンナキョウシドウテイガリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1976年03月06日 
製作会社
日活映画 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
74分  

セックスに激しい興味を持つ男子高校生たちの生態と美しい女教師を描いたロマン・ポルノ。脚本は「鎌倉夫人 童貞倶楽部」の鹿水晶子、監督は「宇能鴻一郎の濡れて立つ」の加藤彰、撮影は「パリの哀愁」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
海野義幸
企画
栗林茂
脚本
鹿水晶子
監督
加藤彰
撮影
姫田真佐久
音楽
荒野忠
美術
徳田博
録音
福島信雅
照明
土田守保
スチール
寺本正一
編集
鈴木晄
助監督
鴨田好史

ストーリー

男子高校で美術を教えている若くて美しい教師の山川ひかるは、生徒たちの人気者で、特にスキー部の冬太、雅也、明夫、健治、守たちは熱烈なひかるファンである。体育教師の時田もひかるに夢中で、結婚の申し入れをしているのだが、なかなかいい返事をしてもらえない。というのも、ひかるには田島という中年男のパトロンがいて、毎晩のように彼のマンションで抱かれているのだった。スキー部の合宿が始まった。指導教師は時田とひかるである。山小屋の時田の一室で二人は打ち合せをしていたが、突然、時田はひかるに抱きつき、抵抗のできないひかるは徐々に体を開いた。それを生徒たちが窓から覗いていた。翌朝、時田は階段から落ちて怪我をして動けなくなった。そして、ゲレンデで冬太や雅也たちと遊んでいたひかるは、突然、彼らに襲われ、次々と犯されてしまった。だが、少年たちの体の下で激しく燃えるのだった。合宿から帰って来て、ひかるは時田にはっきり結婚を断わり、美術室やひかるのアパートで少年たちを可愛がってやるのだった。やがて卒業式。巣立って行く少年たちの姿を見るひかるの顔には、ふと寂しげな微笑みが浮かんだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。