日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

団地妻 肉体金融
ダンチヅマニクタイキンユウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1976年03月06日 
製作会社
日活映画 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
71分  

サラリーマン金融などを利用して詐欺行為を働く団地妻グループを描いたロマン・ポルノ。脚本は「看護婦(秘)カルテ 白い制服の悶え」の桂千穂と兼子平吉、監督は「淫絶夫人 快楽の奥」の西村昭五郎、撮影は「白い牝猫 真昼のエクスタシー」の山崎善弘がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
伊藤亮爾
企画
奥村幸士
脚本
桂千穂兼子平吉
監督
西村昭五郎
撮影
山崎善弘
音楽
坂田晃一
美術
川船夏夫
録音
高橋三郎
照明
新川真
スチール
目黒祐司
編集
西村豊治
助監督
黒沢直輔

ストーリー

団地妻、糸子の夫は大のケチで、子供を産むのもケチって、セックスも必ず膣外射精。欲求不満の糸子の楽しみは、団地妻グループの麻雀であるが、負けても金がないので払えず、同じ団地妻の悦子と互いに保証人になりあってサラリーマン金融から金を借りた。しかし、直後に悦子は若い男と駆け落ちしてしまった。そこで糸子は、スーパーで万引していた正江を脅迫して保証人にしたて、別のサラリーマン金融から金を借りた。さてその返済期日が近づいたが、糸子は社長の下心を見抜いて、正江をセックスのパートナーとして提供し利子分は帳消しにした。だが、この事が正江の夫に知れ、糸子たちの行状が夫にばれてしまった。しかし、「出て行け」という夫に糸子は逆に、団地の名儀は彼女になっていたため、糸子と正江の夫を追い出してしまった。それからは、糸子たちは生活のためにサラ金あらしの肉体金融。ある日、サラ金の社長たちが借金を返せと押しかけたが、糸子たちは自分の子供を見せて「この始末はどうつけるのよ」と逆襲するため、コソコソと解散してしまった。しかし、ついに警察に知れるところとなり逮捕されてしまった。後日--糸子、正江たちは、セックスと金の一挙両得のパンマとなって社会復帰していた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。