日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

暴走パニック 大激突
ボウソウパニックダイゲキトツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1976年02月28日 
製作会社
東映京都映画 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

銀行ギャング、強奪金の横取りを狙う男、そしてパトカーなどが巻き起こすカー・チェイスを描いたアクション映画。脚本は「ウルフガイ 燃えろ狼男」の神波史男と「新仁義なき戦い 組長の首」の田中陽造、監督は脚本も執筆している同作の深作欣二、撮影も同作の中島徹がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
本田達男杉本直幸
脚本
神波史男田中陽造深作欣二
監督
深作欣二
撮影
中島徹
音楽
津島利章
美術
富田治郎
録音
中山茂二
照明
若木得二
スチール
中山健司
編集
市田勇
助監督
篠塚正秀

ストーリー

混血の元モデル・緑川ミチとバーテンの山中高志は海外への生活を夢み、仲間の関光男と組んで、銀行強盗を続けていたが、神戸の銀行を襲った時に、光男が車にはねられて死んだ。光男の兄・勝男は、浮浪者同様の生活をしていたが、山中と光男が銀行強盗をしていた事を知り、山中を追いかけ始めた。指命手配の山中を追う警官の中の一人畠野は、大学卒の上役にいびられてさっぱり仕事に熱が入らず、婦人警官の愛子と寝てばかりいる。少年院出身でガソリンスタンドで働く益夫は、客から預ったスポーツカーを持ち出したが、暴走族に傷をつけられ帰るにも帰れなくなってしまった。一方、山中とミチは銀行を襲い大金を手に入れたが非常線にひっかかり、とあるモーテルに身を隠した。その頃、畠野は愛子を他の警官に寝取られてしまい、そのうっ奮を山中へと向けた。そして、上司の指示に従がわず、山中のいるモーテルに単身乗り込み、二人を逃がしてしまった。逃げる山中とミチの車を、畠野のパトカー、その後を山中の金を横取りすべく勝男の車が追った。やがて、勝男の車は電柱に追突したために、勝男は丁度通りかかった益夫のスポーツカーに乗り込み、さらに二人を追った。しばらく三つ巴のカーチェイスが続いた後、パトカー、白バイが続々と連らなり、やがて、暴走族、ダンプカー、観光バスまでを捲き込んで、狂ったように車と車をぶつけ始めた。横転した車が炎上し、消防車、救急車、機動隊が駆けつけるが、それらも狂走集団に捲き込まれてしまう。集った野次馬は逃げまどいながら投石を始め、凄まじいパニック状態に発展していった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。