日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

わたしのSEX白書 絶頂度
ワタシノセックスハクショゼッチョウド

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1976年02月21日 
製作会社
日活映画 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
70分  

昼は大病院の採血係、夜は娼婦の生活を送る看護婦の性生活を描く。脚本は「秘本 むき玉子」の白鳥あかね、監督は「ホステス情報 潮ふき三姉妹」の曽根中生、撮影は「絶唱(1975)」の萩原憲治がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
伊地智啓
企画
栗林茂
脚本
白鳥あかね
監督
曽根中生
撮影
萩原憲治
音楽
コスモスファクトリー
美術
坂口武玄
録音
木村瑛二
照明
木村誠作
スチール
寺本正一
編集
鍋島淳
助監督
中川好久

ストーリー

大病院の採血係あけみは、予備校に通う弟キヨシと二人暮し。向いのアパートにはストリッパーのリリィとヤクザ風のひも・隼人が住んでいる。ある日、あけみの病院に隼人が訪ねて来て、あけみに変態相手の娼婦のアルバイトを持ちかけた。隼人はあけみが、自分とリリィのセックスを覗き見しているのを知っていたのだ。あけみには社長の息子で大石という婚約者がいるが余り気が進まず、隼人の話を引き受けた。一方、キヨシの親友・雅美が入院したが、キヨシは雅美のために担当の看護婦を脅迫して、雅美の局部を愛撫させた直後、雅美は息絶えた。傷心して帰宅したキヨシに、あけみは自分を抱かせようと飛びかかるが、キヨシは逃げ出し、あけみに別れを告げた。かねてからあけみに目をつけていた医者は更衣室で抱きついた。あけみは金を払えば抱かせる、と不敵に笑った……。やがて、あけみは病院をやめた。隼人が紹介した次の客が待っているのだった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。