日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女教師 少年狩り
オンナキョウシショウネンガリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1975年06月04日 
製作会社
日活映画 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
69分  

魅力的な肢体で男子生徒を挑発する女教師の奔放な性生活を描く。脚本は鹿水晶子、監督は「生贄夫人」の小沼勝、撮影は「襟裳岬」の前田米造がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
岡田裕
企画
栗林茂
脚本
鹿水晶子
監督
小沼勝
撮影
前田米造
音楽
小沢典仁
美術
川船夏夫
録音
木村瑛二
照明
土田守保
スチール
寺本正一
編集
井上治
助監督
高橋芳郎

ストーリー

ひかるは男子高校で生物学を教えている女教師で、とりわけ出来の悪い春彦や耕介たちのアイドル的存在である。二人は、どららが先にひかるとセックスするか争っており、ついにはひかるのアパートに押しかけた。ところが、ひかるは笑って二人を迎え入れ、半ば強引に裸にして風呂場へ連れ込んだ。すると、ひかるはカミソリで、二人の大事なところの毛を剃ってしまったのだ。弥太という少年が転校して来た。彼の兄は、かつて他の学校でひかるの異常なセックスのせいで自殺してしまい、その仇を討つべくひかるに近づいたのだった。ひかるもその事を思い出した。弥太は早速、ひかるを呼び出し、兄の償いに、明日パンティをはかずに来い、と命令した。翌日、ひかるは、トイレでパンティを脱いで教室に入った。弥太は授業中隙を見て、パンティをはいていないのを確認すると、明日は下着をつけて来るな、と命令した。そして翌日、弥太は春彦と耕介をそそのかし、放課後に三人で次々とひかるを犯した。だが熟れきったひかるの肉体は徐々に反応し、喘ぎだすのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。