日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

続・レスビアンの世界 愛撫
ゾクレズビアンノセカイアイブ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1975年06月04日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
69分  

“レスビアンの世界”シリーズ二作目で、同性愛にのめり込んでいく少女を描いたポルノ。脚本は「実録阿部定」のいどあきお、監督は「大人のオモチャ ダッチワイフ・レポート」の曽根中生、撮影も同作の森勝がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
三浦朗
企画
五味春雄
脚本
いどあきお
監督
曽根中生
撮影
森勝
音楽
畠山明博
美術
渡辺平八郎
録音
紅谷愃一
照明
小林秀之
スチール
井本俊康
編集
鍋島惇
助監督
相米慎二

ストーリー

洋装店を経営している那緒美は、店で働いているレイ子、人妻のみや子と同性愛にふけっている。歌手の岸本マリは那緒美の知り合いでレズビアンの愛好者だが、二人はまだ関係はない。ところが、レイ子がマリに夢中になったことから、マリと那緒美の仲を嫉妬したレイ子は、夜の街へ飛び出してしまった。翌日、那緒美は矢崎国夫という男の訪問を受けた。昨夜、家を飛び出したレイ子は、矢崎に声をかけられて、すっかり意気投合し同棲する事にしたのだった。那緒美は二人の同棲を認める代償として、自分とレイ子のレズ・シーンを16ミリに撮る事を提案した。矢崎はその事をレイ子に告げると、彼女はその提案を承諾した。矢崎は目の前で展開される女同志のあられもない姿態をフィルムに収めた。だが、最初はうまくゆけそうだった二人の同棲生活も徐々に亀裂が生じていった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。