日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年7月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大人のオモチャ ダッチワイフ・レポート
オトナノオモチャダッチワイフレポート

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1975年04月12日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
73分  

ダッチワイフ製作に没頭する男と、そのモデルになった女の奇妙な関係を描く。脚本は「愛欲の罠」の大和屋竺、監督は「くノ一淫法 百花卍がらみ」の曽根中生、撮影は「実録阿部定」の森勝がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
海野義幸
企画
五味春雄
脚本
大和屋竺
監督
曽根中生
撮影
森勝
音楽
多摩零
美術
山本陽一川船夏夫
録音
秋山一三
照明
小林秀之
スチール
目黒祐司
編集
鍋島淳
助監督
浅田真男

ストーリー

永い間の禁欲生活で次第に殺気だって来る南極派遣の調査隊員たちに頭をかかえた、隊員たちの健康を管理する大森医師は、ダッチワイフを使用した。まるで人間の女そっくりにくねらせるBB(人形)に隊員の小笠原は歓喜のうちに果てた。やがて帰還した大森博士は、次回の派遣の用意に新しいダッチワイフを、前回の製作者久生に依頼した。大張り切りの久生は、新しい作品のモデルには助手の桑田の恋人、秋元マリ子に頼んだ。美人でグラマーの女子大生のマリ子は、小使い稼ぎにと、二つ返事で引き受けた。一方、小笠原はBBの後遺症にかかり、恋人の西川三重子を抱いても、さっぱり燃えない。そこで小笠原は大森医師に相談した。慌てたのは大森で、BBの帰還直前に焼き捨てた事になっているのだが、実は彼が秘かに持ち帰り、自分が愛玩していたのだ。さて、久生の仕事場では、マリ子をモデルにして新らしいダッチワイフの製作にとりかかっていた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/08/04]

映画情報を100件更新しました。

[2020/07/27]

映画情報を62件更新しました。

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。