日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

お姐ちゃんお手やわらかに
オネエチャンオテヤワラカニ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1975年04月26日 
製作会社
東宝ホリプロダクション 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

怪力怪女のジャジャ馬娘が誘拐されたために起きる騒動を描いた喜劇。脚本は「ルパン三世 念力珍作戦」の長野洋、監督は同作の坪島孝、撮影は「蔵王絶唱」の市原康至がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
堀威夫笹井英男
脚本
長野洋
監督
坪島孝
撮影
市原康至
音楽
あかのたちお
美術
竹中和雄
録音
福島信雅
照明
小島正七
スチル
吉崎松雄
編集
井上治
助監督
小椋正彦

ストーリー

三角不動産入社式。希望に胸をふくらませた吹羽飛三は、三角社長の演説を聞いていたが、突如、倒産通知が届けられ入社式は退社式に切り替った。キャバレーでヤケ酒を飲んで大暴れした飛三は、ボーイの豚松のアパートにころがり込んだ。豚松は妹のマサコと二人暮し。飛三はそのまま居候を決めこんだ。暴力団・実録組々長の仁義は、マフィアに麻薬の代金を一週間以内に支払わなければならない。そこで仁義親分はあくどく銭儲けをした三角大五郎の一人娘・アキコを誘拐する計画をたて、かねてから組員希望の豚松に命令した。さて、豚松と飛三は三角邸に忍び込んでアキコ誘拐に成功。ところが、世間知らずのアキコは、見る事やる事、何んでも面白く、実録組直系のバーや賭場を荒し回ったあげく地下牢に入れられてしまった。マサコは豚松と飛三に自首をすすめたが、組に知られて三人共、アキコと同じ牢に放り込まれてしまった。一方、中々身代金を払わない大五郎に業を煮やした親分は、直接大五郎を脅迫した。だが、大五郎は、手のつけられない娘だから焼くなり殺すなり勝手にしてくれ、と言い出す始末。地下牢から抜け出したアキコたちは、逆に親分を人質にして、実録組に三億円を要求する。子分たちは銀行強盗までやって、親分の身代金を嫁いだが、取り引きの場所に、どこから嗅ぎつけたのか警察が現われ、実録組は全員逮捕されてしまうのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。