日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

十代の性典'75
ジュウダイノセイテンナナジュウゴ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1975年01月25日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
72分  

高校生たちが初めて異性を知り、大人になっていく過程を描いた青春ポルノ。脚本は「(秘)色情めす市場」のいど・あきお、監督は「花嫁は濡れていた」の近藤幸彦、撮影は「バージンブルース」の安藤庄平がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
三浦朗
企画
五味春雄
脚本
いどあきお
監督
近藤幸彦
撮影
安藤庄平
音楽
安達清康
美術
土屋伊豆夫
録音
秋山一三
照明
野口素胖
スチール
井本俊康
編集
鍋島淳
助監督
長谷川和彦

ストーリー

ある田園都市のA高校は冬休みに入っていた。二年の西田実と水口葉子は、それぞれ童貞とバージンで、初体験の相手はお互いに、と思っているのだが、まだキス以上の関係には進展していない。西田の父が単独転勤したために、母が五日位の予定で父の元にでかけた。アパートに一人きりの実に声をかけたのが、隣りの部屋の奥さん静江。亭主が出張でいないので、実を誘惑しようとしたのだが、いざという時に亭主が帰って来たため、実は慌てて自分の部屋に戻った。数日後、実は再び静江に誘われ、童貞を失った。一方、葉子の友達の友子は、モテる葉子に嫉妬して、実に葉子の悪口を言った。怒った実は友子を力ずくで犯した。実と友子の事を知った葉子は、涙を流しながら、実の親友で、葉子に惚れている八木沢を誘い、ある旅館の一室で結ばれる。八木沢は大喜びで、実に葉子との事を話すが、その時初めて実と葉子の清い関係を知った。自己嫌悪に襲われた実は、静江のところに行くが、すげなく追い返されてしまう。すると八木沢が訪ねて来た。彼は葉子が転校する事、葉子が今だに実を慕っている事を告げるのだった。翌日、実は校庭で葉子と会っていた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。