日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ザ・カラテ3 電光石火
ザカラテスリーデンコウセッカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1975年01月15日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

“ザ・カラテ”シリーズ三作目、電光石火の男・山下タダシが、今度は大極古道に挑むカラテ・アクション。脚本は「逆襲!殺人拳」の高田宏治と志村正浩、監督は「ザ・カラテ2」の野田幸男、撮影は「あゝ決戦航空隊」の塚越堅二がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
佐藤雅夫今川行雄
脚本
高田宏治志村正浩
監督
野田幸男
撮影
塚越堅二
音楽
渡辺宙明
美術
竹川輝夫
録音
堀場一朗
照明
若木得二
スチール
諸角義雄
編集
市田勇
助監督
皆川隆之

ストーリー

九州に建設される武道館々長に就任する中国大極古道の陳松林老師と娘・陳愛玲が、正武館々長鈴木正文を訪れた。大極古道の精神と技に魅せられたタダシは、陳親子を追って九州へ向かった。途中、タダシは武道館々長の座を狙う豪相流道場の豪原と結託している暴力団唐崎興業が絡んだ拳銃密輸事件に巻き込まれ、空手の使い手ブラック・ウルフと対決した。陳老師のもとへ辿り着いたタダシは、彼の指導を受けるのだった。九州武道館の完成も間近に迫ったが、一部武道家と唐崎の企みで、館長は大極古道と豪相流空手の勝利者が就任することになった。だが試合当日、陳老師は何者かに襲撃され、かけつけたタダシに試合のことを告げながら息をひきとった。鬼ヶ原で待ちうけていた唐崎たちはタダシの出現に驚くが、相手にウルフを選んだ。壮絶な死闘が続き、勝負は後日あらためて決着をつけることになった。その頃、陳老師の死を知った正文は九州へ駈けつけ、館長に愛玲を指名した。正文の決定に腹を立てた唐崎たちは、各国から武道家を呼び、愛玲、タダシを慕う三平らを拉致して、タダシたちに挑戦した。単身敵地に乗り込んだタダシは、次々と相手を倒し、遂にウルフも陳老師から授かった大極の技を駆使して打ち倒すのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。