日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

新・団地妻 けものの昼下り
シンダンチヅマケモノノヒルサガリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1974年07月20日 
製作会社
日活映画 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
71分  

平凡で静かな生活を営む団地妻が、夫へ不信を抱いたことから平和な生活がくずれていく……。脚本・監督は「OL日記 濡れた札束」の加藤彰、撮影は「赤ちょうちん」の萩原憲治がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
岡田裕
企画
古谷康雄
脚本
加藤彰
監督
加藤彰
撮影
萩原憲治
音楽
月見里太一
美術
柳生一夫
録音
橋本文雄
照明
川島晴雄
スチール
井本俊康
編集
辻井正則
助監督
上垣保朗

ストーリー

結婚して三年、柴田杏子は夫・啓介との団地生活に何の不満もなかったが、最近啓介は彼女自身まだ知らない部分があるのではないかと疑い、興信所の寺尾に啓介の素行調査を依頼した。一週間後、寺尾からの報告は、啓介があるバーのマダムと浮気をしている、とのことであった。数日後、寺尾から新事実が判った、との電話かあった。杏子が連れて行かれたのは、啓介の浮気相手のマダムの店であった。バーテンの福永は杏子を隠し窓へと案内した。そこで彼女が見たものは--女に踏まれ、蹴られながらも歓びを感じている夫の姿だった。失神しそうになった杏子を福永は獣のように犯した。以来、寺尾と福永は啓介のいない時を狙い、杏子をかわるがわる加虐と執拗な愛撫で犯し、彼女をマゾヒズムの世界へと誘い込むのだった。杏子はいつの間にか、苦悶が恍惚へと変っていく自分を止めることができなくなっていた。杏子がマゾの世界に引きづり込まれていったのは罠だった。それは杏子のかつての恋人だった岩男が自殺してしまい、その原因が杏子にあると知った岩男に想いを寄せていた麻紀が、寺尾と福永を使っての杏子に対する復讐だった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。