日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

愛と誠(1974)
アイトマコト

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1974年07月13日 
製作会社
松竹映画芸映プロ 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

少年雑誌に連載中の梶原一騎・作、ながやす巧・画の同名劇画の映画化で、不良学生と純真な少女の熱烈な愛を描く青春映画。脚本は「しあわせの一番星」の石森史郎、監督は脚本も執筆している同作の山根成之、撮影は「ムツゴロウの結婚記」の竹村博がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
樋口清秦野貞雄
企画
瀬島光雄沢根幸男
原作
梶原一騎ながやす巧
脚本
石森史郎山根成之
監督
山根成之
撮影
竹村博
音楽
馬飼野康二
美術
横山豊
録音
平松時夫
照明
飯島博
スチール
赤井博且
編集
富宅理一
助監督
佐光曠

ストーリー

信州蓼科高原スキー場。スキー遊びに興じていた少女が、危険な斜面を滑り出し、あわや谷へ落ちようとする瞬間突然飛び出して来て少女を救ったのは、蓼科に住む少年だった。その日から少女の心には“白馬の騎士”への思慕が芽ばえ、少年の顔には醜い傷が残った。少年の名は「誠」、少女の名は「愛」。八年が過ぎた。白樺の森に夏が息づき、青春が躍っている。東京の青葉台高校のキャンプに殴り込みをかけた不良グループがあった。さらにそのグループの無法を暴力でさえぎったもう一つの不良たちがいた。そのリーダーは誠だった。青葉台高校の理事長のひとり娘として美しく成長し“学園の女神”と全校のアイドルとなっている愛との、それは運命の再会だった。愛はこの事件のために少年院に送られようとしていた誠を、自分と同じ学校に転校させ、父に月謝とアパート代をもたせることによって昔の償いをしようとした。だがその愛の好意に対する誠の言葉は冷たかった。「あんたは俺を東京に呼んで、危険な斜面にまた飛び出したんたぜ」。誠は入校一日目にして早くも教師を殴り倒すという事件を起こした。そんな誠を見込んだ学園のボス的存在であるラグビー部とボクシング部の主将が入部を勧誘したが、誠がこれを無視した事によって学生たちの誠への敵意は高まった。かねてから愛に想いを寄せている全校きっての秀才・岩清水は、愛の心が誠に傾いていくのを知り、愛に宣言した。「愛よ、君のためなら僕は死ねる」と。愛はあらゆる犠牲と恥を忍んで誠につくすが、誠はその献身をせせら笑った。八年前、あの事件の後、半死半生で家に辿りついた彼は破傷風にかかり半年は立ち上れなかった。彼の大病は貧しい一家の生活を破壊し、誠は少年期を悲惨のドン底で送った。「この傷はどうしようもねえ、ばかたれの紋章。だがこれからは他人を踏み台にして、テメエだけ強くのし上る、力の紋章にしてみせるぜ」。学園は今や、誠という名の嵐に吹きとばされそうに、すさんでいった。学業に専心してほしいと思う愛の気持に反して、誠は学園の暴力革命を狙って行動しつづけた。ラグビーで暴力的にプレイし、ボクシングでは相手選手を反則スレスレで倒した。誠の悪名はいやが上にも高まった。ラグビー部の城山と、ボクシングの火野の両キャプテンは誠に決闘状をたたきつけた。誠は愛の必死の制止にもかかわらず、深夜の河原へと単身乗り込んだ。凄惨、狂乱としか言いようのない石つぶての死闘の中で、身をもって止めに入った愛の額が割られた。失神する愛。「愛!」……誠は初めて愛の名を叫んだ。誠が愛をしっかりと抱いて薄明の道を行く。朝の光がその後姿を照らしている……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。