日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

愛こんにちは
アイコンニチハ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1974年 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
 

うりふたつの可愛い二人の東洋の娘をめぐって捲き超こる騒動を描くロマンチック・コメディ。脚本は「放課後」の井手俊郎、脚本は「おくさまは18歳 新婚教室」の山本邦彦、撮影は安本英がそれぞれ担当。未公開

スタッフ

製作
安武龍
脚本
井手俊郎
監督
山本邦彦
撮影
安本英
音楽
小室等瀬尾一三
美術
樋口幸男
録音
増尾鼎
照明
小島正七
編集
小川信夫
助監督
橋本幸治
スチル
中尾孝

ストーリー

南の小さな島から黄春花は、まだ見た事のない日本人の父に会うために東京に向かった。途中、春花は飛行機の中で設計技師の山口一郎と知り合った。羽田に到着すると、陳と名乗る男が、一郎を呼びとめ、“大富豪の令嬢・章玲紅が結婚式場より脱走、捜索に十万ドル進呈”の見出しで、春花とそっくりな玲紅の写真入りの新聞を見せるのだった。大同不動産の社長である春花の父は、彼女に自社の株三百万を残して死んでしまった。会社の田中専務と福田常務の間で、社長の椅子と春花の株券をめぐって内紛が持ち上がり、そればかりか、玲紅と間違えられた春花は、陳からも狙われてしまい、一郎に助けを求めた。10万ドルの美人が転がり込んで来たと喜ぶ一郎だが、春花の出現で面白くないのは恋人の北原美保。案の定、一郎は株券とともにどんどん春花に魅かれていき、やがて美保の存在を忘れていった。しかし、春花は一郎の気持とは反対に、彼の友人の信夫に惹かれていった。だが、一郎が好きなのは美保の姉・邦子であると知った春花は、一郎と美保の仲も裂いてしまった事も後悔して、一人淋しく彼らから離れて行った。その春花を田中専務が雇った探偵や陳が追った。春花はあるホテルに逃げ込んだところ、偶然にも玲紅とその恋人、ロバートに会った。双児のような二人は、お互いの衣裳や持ち物を交換して、探偵たちを煙にまいてしまった。冷戦状態を続けていた一郎と美保は和解し、玲紅も香港の両親から結婚を許されて帰国することになった。春花も目まぐるしく過ぎた東京の思い出を抱きしめて、南の島に帰っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。