日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

殺人拳・2
サツジンケンツー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1974年04月27日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

“殺人拳”シリーズ第二作目。空手と拳法の達人である非情な一匹狼の殺し屋が、国際犯罪組織との壮烈な死闘を描くアクション映画。脚本は高岩肇、監督は脚本も執筆している「激突!殺人拳」の小沢茂弘、撮影は「仁義なき戦い 頂上作戦」の吉田貞次がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
松平乗道
原案
高田宏治
脚本
高岩肇小沢茂弘
監督
小沢茂弘
撮影
吉田貞次
音楽
津島利章
美術
井川徳道
録音
中山茂二
照明
若木得二
スチール
諸角義雄
編集
堀池幸三
助監督
野田和男

ストーリー

一匹狼の殺し屋、剣琢麿のもとに殺しの依頼がきた。相手は警視庁に捕われている男だったが、剣は敏腕刑事・山上の目をくらませ、男の声帯に一撃を喰らわせ、脱出した。剣にはピンボケという相棒がいて、危機を脱出する時は、いつも彼女の世話になった。この一件で山上は責任をとって辞表を提出し、空手の使い手でもある彼は個人で剣に対決しようと決意した。山上は彼の出身武術道場である正武館の館長・政岡に一部始終をうち明けた。正岡は、剣を雇ったのは、日本に全アジア青年武術センターを設立するという名目で、諸国の武術家や団体から資金を集めていて、国際犯罪に関係している竜虎殿主・太田黒ではないか、と狙んだ。事実、剣に声帯を潰された男は、太田黒の配下で、武術センターの計略が外部に漏れることを恐れた太田黒が、剣に殺しを依頼したのだった。一方、太田黒は政岡が計略を知ったために、今度は政岡の殺しを剣に依頼した。だが、剣はその依頼を拒否したために、太田黒の指し金による刺客たちが、手を変え品を変え剣を襲った。滅多な事では驚かない剣も、かって絶命させたはずの志竪原の出現には、一瞬身をたじろがせた。沖縄空手の達人・志堅原は、剣に復讐すべく異様な妖気をたたえていた。剣と志竪原の壮絶な死闘。だが、剣は闘いの最中、誤ってビルの屋上から転落した。ピンボケの手厚い看護で命だけは奇跡的に助かった。その頃、太田黒の計略の証拠を掴んだ敏岡が、国際犯罪組織の手にかかって傷つき、山上も銃弾を浴びて倒れた。凶報を聞いた剣は、竜虎殿に乗り込んだ。そこには、組織から失策の責任を問われて葬られた大田黒に替って、極東マフィアのボス、コステロが志堅原を従えて待ちかまえていた。集結された辣腕空手使いや、筆銃を構えた配下たちが剣を包囲し、じりじりとその輪を縮めた。しかし、剣の鋼鉄のような体はみるみるうちに形勢を逆転、ナステロの急所を一撃すると、再び志堅原との結着をつけるべく、激しい死闘を続けていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。