日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

悪名 縄張荒らし
アクミョウシマアラシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1974年04月24日 
製作会社
勝プロダクション 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
104分  

かって大映で映画化された「悪名」シリーズの再映画化。河内生まれの暴れん坊朝吉が、腕と度胸で男を売り出していく姿を猫く。脚本は依田義賢、監督は「御用牙 かみそり半蔵地獄責め」の増村保造、撮影も同作の宮川一夫が担当。

スタッフ

製作
勝新太郎西岡弘善
企画
久保寺生郎
原作
今東光
脚本
依田義賢
監督
増村保造
撮影
宮川一夫
音楽
富田勲
美術
太田誠一
録音
林土太郎
照明
中岡源権
スチール
大谷栄一
編集
谷口登司夫
助監督
島田開

ストーリー

昭和十二年。河内に百姓が嫌いで両親から勘当されたが、奉納相撲大会で優勝した賞金二十円を持って、仲間を引き連れ、大阪松島遊廓に繰り出した男がいた。朝吉である。そこで、朝吉は九州から売られて来たと言う、琴糸と意気投合した。ところが一同がドンチャン騒ぎをしているところへ、吉岡組の一の子分・モートルの貞が乗り込み険悪な空気。翌朝、貞は子分を引き連れて朝吉たちを待ち伏せしたが、逆にのされてしまう。そんな朝吉の腕を見込んだ親分の吉岡は、客分として招いた。ところが、朝吉が吉岡の賭場で大儲けしたために、また喧嘩となった。朝吉は、その金で琴糸を身請けしようとするが額が少なすぎたために、琴糸を足抜けさせた。ところが丁度その時、吉岡組が喧嘩のために全員出動となり、朝吉はやむなく琴糸を吉岡に預けた。その吉岡が、遊藤の長五郎親分にたれこんだのを見た貞は、遂に頭に来て、受けた盃を返上し、隣家のお絹とお照を連れ出した。そして朝吉と貞は兄弟固めの盃を交わした。その頃、落ち目の吉岡組に長五郎一家が乗り込んだ。そこに朝吉と貞が戻って来て、二人がかりで長五郎を痛めつけ琴糸の居所を聞き出した。瀬戸内海の島に売られていた琴糸を助け出した朝吉だが、長五郎の差し金で、この島のボス、シルクハットの親分に掴まった。この場は、海の女王こと麻生イト親分に助けられた。数日後、長政の元締から、朝吉、貞に呼び出しがかかった。今は重病人の長五郎に替って、松島一帯を縄張りとして預ってくれ、というのだ。早速、二人は長五郎の子分を引き連れて、密淫売の源八の所に乗り込んだ。実は、長政の元締は密かに、カポネの親分に朝吉一家をやっつけるように頼んでいたのだった。元締の思惑にもかかわらず、朝吉、貞は源八を半殺しにしてしまった。そこに、朝吉の両親から電報が来た。召集令状が来たので、立派に勤めを果たし、凱旋したら勘当を許す、というのである。朝吉は、貞に足を洗って正業につけ、と言い残して出征して行った。列車に乗車した朝吉を見送っていた貞が、カポネの刺客に刺された。「兄貴が見えなくなるまで」と貞は笑いながら手を振った。やがて、列車がトンネルに消えた時、貞は鮮血に染まって横たわった。それは「兄貴!」と呼んだようでもあった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。