日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年7月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

キューティーハニー(1974)
キューティーハニー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1974年03月16日 
製作会社
ダイナミックプロNET東映動画 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
23分  


スタッフ

企画
勝田稔男
制作補
江藤昌治吉岡修
原作
永井豪とダイナミックプロ
監督
設楽博
脚本
高久進
音楽
渡辺岳夫

出演者

ストーリー

世界に一つしかない赤い真珠・人魚の涙が日本で展示されると決まってから、航海中の大型船が原因不明の爆発を起し沈没するという事件が続発した。これは、シーパンサーが、シスターゾラのためにと、人間への復讐のために人魚の涙を狙って起していたのだった。十九世紀の終り頃、エーゲ海で人魚が掴ったことがあった。助けてくれと哀願した人魚の目から流れた涙が赤い真珠となってこぼれた。欲に目がくらんだ漁師たちは、もっと涙を流させようと痛めつけたために、人魚は死んでしまった。この殺された人魚がシーパンサーの妹だったのだ。シーパンサーは、人間に復讐するために、パンサーゾラの一味に加わり、アンドロイドとなっていたのである。赤い真珠を展示する豪華客船のファッションショーに出ていたハニーは、シーパンサーの攻撃を受けた。ハニーは人魚に変身してシーパンサーを説き伏せようとしたが、無駄だった。ハニーはついにシーパンサーを倒した。だが、ハニーの胸は晴れなかった。ハニーはシーパンサーと妹のために、赤い真珠を海に返したのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。