日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

続ためいき
ゾクタメイキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1974年02月16日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
75分  

若いOLの性への憧れと悩み、そして処女を喪失してからの女としての生き方を描く。脚本は「(秘)女子大生 SEXアルバイト」の田中陽造、監督は「ためいき」の曽根中生、撮影は水野尾信正がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
結城良煕
企画
五味春雄
脚本
田中陽造
監督
曽根中生
撮影
水野尾信正
音楽
森田公一
美術
徳田博
録音
秋野能伸
照明
新川真
スチール
井本俊康
編集
辻井正則
助監督
原武

ストーリー

OLの立野弓子は少なからず異性に興味をもっているのだが、仲々チャンスがなく、今だに処女である。父の十三回忌の日、弓子は母時子と墓参りに行った。そこで、弓子の会社の部長で、父の友人だった結城と会った。結城は会社の女の子の間で評判だった。弓子もいつの間にか、結城に憧れていたのか、社内の評判に少しの嫉妬を覚えた。そんなある日、弓子は結城に誘われた。ホテルの一室での豪華な食事とワイン、そして結城の洗練された態度に酔ってしまった弓子は、惜し気もなく彼に処女を与えた……。結城は弓子の処女を奪った責任を感じて、将来性のある田中二郎と見合いさせることにした。だが、弓子は見合いの最中、二郎は自分をどのくらいセックスを満足させてくれるか、気になってしかたがなかった。一方、結城は弓子に見合いをさせたものの、弓子の魅力的な肉体を忘れ難く、見合いの席から弓子を誘い出して、欲情のかぎり彼女を抱いた。母の時子は、弓子が結城と関係のあることを知りながらも、自分の淫らな血を引いてしまった娘を叱ることはできなかった。弓子は、二郎とは単なる見合いだけをするのではなく、彼のセックスも知りたくなった。そこで、見合いの翌日、二郎を誘ってベッドを共にした。しかし自分だけの性欲を満足させて終ってしまう二郎に弓子は失望した。弓子は、やはり自分を満足させてくれる男に抱かれることが、何よりも一番幸福な生きがいだと思うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。