日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

怒れ毒蛇 目撃者を消せ
イカレコブラモクゲキシャヲケセ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1974年02月16日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

コブラの異名を持つ刑事が、殺人事件の捜査をしながら、恩人の復讐を果たすまでを描くアクション映画。脚本・監督は「男じゃないか 闘志満々」の井上梅次、撮影は「ひとつぶの涙」の小杉正雄がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
瀬島光雄
脚本
井上梅次
監督
井上梅次
撮影
小杉正雄
音楽
大森盛太郎
美術
重田重盛
録音
小林英男
照明
佐久間丈彦
スチール
赤井博且
編集
杉原よ志
助監督
福田幸平

ストーリー

小村刑事は別名コブラと呼ばれ、執拗で冷酷な刑事として犯罪者たちに恐れられている。ある日、ファション・モデルが何者かに殺された。目撃者は、同僚のモデルのマリ子である。小村は嫌がるマリ子を強引に、彼女のマンションまで送った。二人の後を香港の女殺し屋李萍が尾けている。マリ子がマンションに入ろうとした瞬間、何者かがドラムかんを落した。マリ子は無事だったが、小村の睨んだ通り、生き証人である彼女は消されようとしているのだ。この事件の担当検事として赤木検事が任命されたが、彼はことごとく小村と対立した。というのも、捨て子だった小村は、今は亡き高島巡査部長に育てられ刑事となったのだが、小村のかつての恋人美代子は、今では赤木の妻となっており、赤木は二人の関係を知っているのである。そして、小村の今の生き甲斐は、高島を殺した香港の唐手の達人・北一平に復讐することだった。ある日、マリ子のマンションを張り込んでいた小村は李萍と会った。以前、小村はある麻薬組織の捜査の時に、李萍を利用し、彼女の愛を裏切ったことがある。以来、李萍は小村を狙っていたのだった。数日後、小村は事件の背後の黒幕である組織の主要人物と睨んだ中小企業連合会の会長・中条と松島財閥の松島広高の山荘へ潜入するが、数人のヤクザに捕えられてしまった。だが、何故か中条は小村を助けた。その帰途、天城山中を下る小村の車のブレーキがはずされており、必死のアクロバット運転で車から一瞬飛び降りたが、車は谷底へ転落していった。小村の怒りが爆発した。執念の捜査が型破りの行動で進められていく。マリ子が雪山でスキー競技の優勝者にトロフィーを渡す役に引き出されることになった。それを知った組織では、マリ子を殺すために北一平を加えた。一方、マリ子を殺そうとした李萍を小村は撃った。「私は、やっぱり小村を撃てない」李萍の悲しい最後だった。そして、遂に小村は北一平と相対した。唐手対唐手の死闘、秘術をつくして闘う二人。やがて、小村の空中飛び蹴りが北の咽喉に決まった。怒り狂った小村は、北の手と足を折った。やがて、中条と松島は自首した。小村は高島巡査部長の霊前に報告した。その帰途、小村の中古の車の横に派手な外車が並べられた。それはマリ子からの積極的なプロポーズだったが「縛られることが嫌いだ」と、マフラーの轟音をとどろかせて、小村は街の中へ消えた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました