日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

団地妻 昼下りの誘惑
ダンチヅマヒルサガリノユウワク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1974年01月15日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
71分  

“団地妻”シリーズ10作目。平凡な生活を望む団地妻が夫に疑惑を抱いた時から、夫婦生活に危機が訪れる。脚本は「津軽じょんがら節」の中島丈博、監督は「さすらいかもめ -釧路の女-」の西村昭五郎、撮影は「バンカク 関東SEX軍団」の山崎善弘がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
松岡明古谷康雄
脚本
中島丈博
監督
西村昭五郎
撮影
山崎善弘
音楽
奥沢散策
美術
山本陽一
録音
福島信雅
照明
川島晴雄
スチール
目黒祐司
編集
岡安肇
助監督
長谷川和彦

ストーリー

団地妻の吉田笛子は、夫・賢三が持ち帰った女ものの定期入れから、夫の浮気と思い込み、興信所に調査を依頼した。ところが調査員・石井の調べで、賢三はスリであることが分った。今まで笛子を騙していたのだ。近頃団地では、痴漢が出没することが話題となっていた。笛子の真向いに住む望月恒子は、ある日、その痴漢に襲われそうになったが、それが原因で、恒子と夫・喜久男は異常に燃え上がるのだった。数日後、賢三と石井が団地の公衆便所で会った。賢三は石井が刑事とばかり思っていたのだが、石井は、興信所の調査員で実は痴漢であると自己紹介し、二人は意気投合した。一方、夫の秘密を知った笛子は、自分も悪女になって夫と同じ立場になろうとして、売春をしているという金原夫人に近づく。すんなり話がすすみ、モーテルで最初の男に会うと、何と恒子の夫・喜久男だった。驚き合う二人は、やがて快楽の渦へと巻きこまれて行った。だが、笛子は喜久男との秘密を、ちり紙交換の青年・松崎に知られてしまい、松崎とも関係を結んでしまった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。