日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恋の狩人 欲望
コイノカリュウドヨクボウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1973年06月02日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
71分  

安保闘争に挫折した男が、ルポライターの仕事を通して知り合った少女の自信に満ちた生き方に、再びかつての青春時代を想起する。脚本は賀来恋慕、監督は脚本も執筆している「ラブ・ハンター 恋の狩人」の山口清一郎、撮影は「実録白川和子 裸の履歴書」の森勝がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
松岡明
脚本
賀来恋慕山口清一郎
監督
山口清一郎
撮影
森勝
音楽
真鍋理一郎
美術
松井敏行
録音
橋本文雄
照明
熊谷秀夫
スチール
目黒祐司
編集
鍋島惇
助監督
上垣保朗

ストーリー

ルポライター戸田の真子に対する取材は二週間を過ぎようとしていた。初めはこの小生意気な二十歳の少女に全く興味を示さなかった戸田だが、次第に、自信に満ちた真子の生き方に興味を覚えていった。それは、戸田の安保闘争にすごしたあの若々しい青春時代の自分自身を見るようだった。かつて、その学生運動の中で阿梨子と恋をして、闘った。だが気が付いた時には、運動の失敗と、事故のための阿梨子の失明という敗北感だけが残っていた。戸田と阿梨子にとっての現在は素晴らしい青春を持ったという過去の思い出に侵るだけだった。一方、真子は、恋人の片桐や家族など彼女を取りまく全てのものが虚しく感じられた時、戸田の中へ身を委ねた。戸田にとってこの愛は十年前の敗北を癒すかのように燃えた。だが、真子は阿梨子を見た時、過去に生きる女への親しみを感じた。それは真子と戸田の別れをも意味していた。一方、片桐が真子を戸田に奪われた腹いせに獣のように阿梨子を犯した。しかし、阿梨子は感情のない人形でしかなかった……。翌日、阿梨子の家で、生きることに疲れた戸田と阿梨子の二つの死体が発見された……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。