日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ダメおやじ
ダメオヤジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1973年11月22日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

何をやってもダメな万年平サラリーマン、通称ダメおやじと、夫の出世を願いダメおやじをシゴく妻、通称オニババとその子供が捲き起す喜劇。古谷三敏の同名漫画の映画化。脚本は「赤い鳥逃げた?」のジェームス三木、監督は脚本も執筆している「しなの川」の野村芳太郎、撮影は「新・同棲時代 -愛のくらし-」の川又昂がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
杉崎重美
原作
古谷三敏
脚本
ジェームス三木野村芳太郎
監督
野村芳太郎
撮影
川又昂
音楽
青山八郎
美術
重田重盛
録音
栗田周十郎
照明
小林松太郎
スチール
長谷川宗平
編集
太田和夫
助監督
大江英夫

ストーリー

桃栗不動産の若きホープ雨野大助と短大出の才媛本田冬子がめでたく結婚した。それから十年--。万年平社員の大助は今だに2DKの団地住いだが、冬子と七歳になるタコ坊との三人暮しに満足していた。そんなある日、冬子は大学時代の後輩・由美子の夫・南村が課長に昇進したためショックを受けた。大助と南村は、同じ会社の同期だったのである。冬子は、母の豊子と二人で大助をなじり、課長になるように、とハッパをかける。しかし、大助は相変わらずマイペース。そんなある日、大助はひょんな事から、同じ課の美人社員・すみれのマンションを南村が訪ねるのに出会った。数日後、大助は夜遅く、南村に呼びだされた。南村はすみれのマンションにいて帰りが遅くなったので、大助と飲んでいたことにしてくれ、と頼んだ。承知した大助は、由美子の前で酒に酔った演技をするが、演技過剰すぎて由美子はあきれ顔。翌日、由美子は冬子を呼び出し、大助のことを報告し、大助を係長に推せんするのは無理、と冷たく言いはなつ。オニババと化した冬子は、大助に対して猛烈な特訓を展開した。今のままでも楽しければ良いと思う大助だったが、妻や子供のために“宅地建物取引主任者試験”を受けると宣言。だが、毎日の特訓に大助は疲労困憊、ダウンしてしまった。そんな大助をすみれは優しく労わり、彼女のマンションに招待した。その時、突然由美子が部屋に入って来た。彼女は夫の浮気に感づき、押し入ったのだったが、大助を見て困惑顔。いよいよ試験日。奮闘努力のかいもなく、大助は答案用紙がオニババに見え、試験場を逃げ出してしまった。一方、由美子から大助のことを聞いて、すみれのマンションへやって来た冬子は、そこですみれと南村の濡れ場を見てしまった。由美子に内緒にしてくれ、と冬子に頭を下げる南村を、すみれは軽蔑の目で見ていた。やがて、大助は南村の推せんで北海道の僻地へ係長として転勤することになり、すみれは南村との仲を清算して故郷へ帰っていった。大助が係長になったことを喜ぶ冬子とタコ坊だが、なぜか大助の心は淋しかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。