日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

(秘)女郎残酷色地獄
マルヒジョロウザンコクイロジゴク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1973年04月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
67分  

大奥女中の年寄の不始末の犠牲にされた女が、自分を陥れた権力に抵抗する姿を描く。脚本は「実話ポルノ事件簿 --結婚詐欺」の大工原正泰、監督は「女調査員SEXレポート 主婦売春」の白鳥信一、撮影は「肉体犯罪海岸 -ピラニヤの群れ-」の畠中照夫がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
松岡明古谷康雄
脚本
大工原正泰
監督
白鳥信一
撮影
畠中照夫
音楽
山野狩人
美術
柳生一夫
録音
神保小四郎
照明
松下文雄
スチール
目黒祐司
編集
岡安肇
助監督
村井良雄

ストーリー

大奥女中の年寄・藤野が、神仏祈願と称して町に出て、芝居見物の挙句、役者を抱いて帰ってくる、ということが、大目付・堀田出雲守の耳に入った。だが、ことは穏便に処理され、藤野の部屋のおこうが町へ出たときに、藤野の罪を着せ、女郎として吉原へ売り飛ばしてしまった。そのおこうと一緒に“玉の屋”に買われたおふじは、病気の亭主の薬代を稼ぐために私娼窟で客をとっていたところを捕えられたのだった。早速二人は、女郎の心がけをたたきこまれた。だが、おこうは、見張りの伝八の目を盗んで逃げだした。しかし、おふじが伝八に、亭主に会わせてやるから、との言葉に騙され、つげ口したために、おこうは捕われリンチを受けた。そして、始めて、自分が藤野の身替りだったことを知らされた。それ以来、おこうは人が変ったように客をとるようになった。「将軍さまが抱いた体だよ!」といいながら……。やがて、おこうの噂は堀田の耳に入り、ひそかにおこう殺しが企てられた。その頃、おこうは石丸弥十郎という浪人に惹かれていた。ある日、弥十郎はおこうと逃げよう、と言って証文を渡した。だが、おこうはその証文を亭主に会いたがっているおふじに渡してやった。おふじは逃げたがそれはおこう沫殺のための罠だったのだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。