日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

人妻 残り火
ヒトヅマノコリビ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1973年10月24日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
68分  

財産と地位のために結婚した女が、かつての恋人との愛が再び燃え上り、やがて破滅していく姿を描く。脚本は「おさな妻の告白 陶酔 クライマックス」のいどあきお、監督は「東シナ海」の磯見忠彦、撮影は「大江戸性盗伝 -女斬り-」の前田米造がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
結城良煕古谷康雄
脚本
いどあきお
監督
磯見忠彦
撮影
前田米造
音楽
真鍋理一郎
美術
川原資三
録音
古山恒夫
照明
小林秀之
スチール
浅石靖
編集
辻井正則
助監督
山口友三

ストーリー

典子は恋人の宮坂と別れ、地位と財産のある三東商事社長・松林英和と結婚した。しかし、英和は下半身不随のために、典子は体のいらだちを覚えていた。そんな頃、典子は宮坂と再会した。宮坂も結婚をしていたが二人は急速に昔のように互いを求めあった。そんな二人の関係を知った松林家の女中美代子と美代子の情夫町田が二人を恐喝し、五百万円要求した。宮坂は破滅を恐れ、典子と別れようと決心するが、そのドライブの最中、ひき逃げをしてしまった。やがて、町田の要求額は二倍の一千万円になったために宮坂は、ひき逃げを町田が知っていると感ちがいし、自分を破滅から救うためには町田を殺すしかない、と決心した。その頃、典子は、自分の情事を全て知りつくしていながら、彼女を自由にさせていた松林の嗜虐趣味に耐えられなくなり、家を飛びだした。そして、宮坂といっしょになるために邪魔な町田殺しを思いついていた。二人の計画は、やがて自らを破滅へと追いやっていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。