日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

天国の本屋 恋火
テンゴクノホンヤコイビ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2004年05月29日 
製作会社
松竹電通小学館衛星劇場S・D・Pテレビ朝日 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
111分  

天国と地上を結ぶ愛の奇跡を描いたファンタジー。監督は「深呼吸の必要」の篠原哲雄。松久淳と田中渉による2篇の原作『天国の本屋』『天国の本屋 恋火』を基に、狗飼恭子と篠原監督が共同で脚色。撮影を「星に願いを。」の上野彰吾が担当している。主演は、「星に願いを。」の竹内結子と「eiko」の玉山鉄二。

スタッフ

製作
久松猛朗
企画
宮島秀司
プロデュース
宮島秀司
プロデューサー
榎望遠谷信幸
監督
篠原哲雄
原作
松久淳田中渉
脚色
狗飼恭子
脚本
篠原哲雄
撮影
上野彰吾
照明
矢部一男
美術
小澤秀高
編集
川瀬功
音楽
松任谷正隆
録音
岸田和美
スクリプター
西岡容子

ストーリー

楽団を解雇され、自暴自棄になっていたピアニストの健太。人材管理官を名乗るヤマキと言う男に連れられ、”天国の本屋“で短期アルバイトをすることになった彼は、そこで憧れのピアニスト・翔子と出会うが、彼女はある事故で片耳の聴覚を失い、以来、ピアノが弾けなくなっていた。一方その頃、地上では翔子の姪の香夏子が10年前に中止になっていた花火大会を復活させるべく、仲間たちと奮闘していた。しかし、その大会のフィナーレを飾ってきた、それを一緒に見ると男女が深い仲になれると言う伝説の“恋する花火”の花火師で、実は翔子の恋人だった瀧本は、暴発事故を起こし翔子の聴覚を奪ってしまったのをきっかけに、既に花火師を辞めていたのである。だが、香夏子は知っていた。叔母は、最期まで瀧本の花火が上がるのを楽しみにしていたことを。そこで、彼女は瀧本を説得しようと、彼のもとへ日参を続けた。同じ頃、翔子は途中で断念していた組曲を、健太の協力で完成させようとしていた。それは、毎年、瀧本の花火をモチーフに作り続けてきたもので、10曲になった時に結婚しようと誓い合っていたのだが、10回目の年、瀧本の花火は上がらず、翔子も病に倒れ他界してしまったのだった。花火大会の日。果たして、香夏子の想いが通じ、瀧本は恋する花火を打ち上げ、天国の翔子はそれを見ながら完成させた組曲を自ら弾くことが出来た。そして、地上では天国でのバイトを終えた健太が翔子の曲を演奏し、それを聞きつけた香夏子と共に恋する花火を見るのだった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビーデジタル(ドルビーSRD)

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。