日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

愛に濡れたわたし
アイニヌレタワタシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1973年07月25日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
75分  

失踪した妻を探す男とその男を騙し、愛し、過去から逃れようとする女を描く。脚本は「団地妻 奪われた夜」の吉原幸夫、監督は「OL日記 牝猫の情事」の加藤彰、撮影は「怨歌情死考 傷だらけの花弁」の萩原憲治がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
結城良煕
脚本
吉原幸夫
監督
加藤彰
撮影
萩原憲治
音楽
奥沢散策
美術
菊川芳江
録音
秋野能伸
照明
小林秀之
スチール
寺本正一
編集
井上治
助監督
上垣保朗

ストーリー

藤木京平が美和と知り合ったのは、失踪した妻・よし子を捜し、ある小さなバーに入ったときだった。丁度その日は雷雨で、妻捜しに疲れた京平と、雷の恐怖におびえる美和は、どちらともなく誘い、結ばれた。美和の太股には蛇の刺青があり、彼女はその過去から逃げるために京平と交わり、やがて、彼を愛し始めていた。だが京平には妻を捜し歩く日課がある。美和は彼に毎日、弁当を作ってやる。そのことが彼を自分のものにするための手段だったのだ。ある日、京平が家に帰ると、美和の妹がよし子のことを知ってると尋ねて来た。彼女の話の最中サングラスの男が「女をかえせ」と乱入して来た。京平が唖然としている間に、男は帰って行った。数日後、美和はよし子の居場所を知っている人に、明日会わせると京平に約束した。だが、翌日、指定された場所で京平は待っていたが、美和は、妹が交通事故にあってしまい、これから病院に行く、と言い残して帰ってしまった。が、京平が家に帰ってみると部屋が荒らされていた。京平は、嘘をついたり、愛したり、刺青の過去などがある奇妙な女・美和の企みが判明しないながらも、いつの間にか騙されるのが楽しく思えるようになっていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。