日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

必殺色仕掛け
ヒッサツイロジカケ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1973年07月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
73分  

女郎屋自慢の名器三女郎と三人の逸物を持つ男たちのセックスの戦いを描く喜劇。脚本は高田純、監督は「新色暦大奥秘話 -愛戯お仕込処」の藤井克彦、撮影は「不良少女 野良猫の性春」の前田米造がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
伊地智啓
脚本
高田純
監督
藤井克彦
撮影
前田米造
音楽
月見里太一
美術
渡辺平八郎
録音
福島信雅
照明
松下文雄
スチール
寺本正一
編集
井上親弥
助監督
佐藤重直

ストーリー

渡世内の名花と謳われている日陰花のおいくが、女郎屋広満一家に帰って来た。その広満一家のシマ内に取って代ろうとする金辰一家は、広満屋が栄えているのは、おさね、おりん、おぬきという名器三女郎がいるからだと察し、人造整形ペニスの逸物を持っている色道三兄弟を呼びよせた。そして、三兄弟を三女郎に挑戦させ、敗者が勝者のいいなりになる、と約束させた。それぞれ手練手管の限りを尽くして戦ったが、三兄弟が三女郎を破った。危機に陥った広満屋。長年世話になった一家の危機を見て、今度はおいくが三兄弟に挑戦する。金辰一家の一室で、ずらりと一同が見渡す内に、色勝負がくり拡げられる。おいくは持ち前のセックステクニックで三兄弟を次々にうち破り、見事広満屋の危機を救うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました