日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

真夜中の妖精
マヨナカノヨウセイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1973年07月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
74分  

人生の吹き溜まりの中で、悪に染まることなく生きる少女を描く。脚本は桃井章、監督は「昼下りの情事 変身」の田中登、撮影は「(秘)穴場情報 牝馬の吐息」の畠中照夫がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
伊地智啓
脚本
桃井章
監督
田中登
撮影
畠中照夫
美術
川崎軍二
録音
橋本文雄
照明
土田守保
スチール
浅石靖
編集
辻井正則
助監督
鴨田好史

ストーリー

新宿の一角にあるバー“チューリップ”では、客を連れこんで、その気になると屋根裏部屋で客の欲求を満たせていた。その屋根裏部屋にいるのが、頭が少し足りないカナリアという少女。客は皆、カナリアのあどけなさに有頂点になるのだった。カナリアの姉さん株の明美の情夫、小沢は店の用心棒なのだが、カナリアと客の愛戯を覗くのが趣味。ある日、若い客の一夫が明美と口論になり、小沢に叩きのめされ、外に放り出された。そんな一夫をカナリアは部屋に連れ込み、優しく介抱するのだった。翌朝、店を出た一夫は強盗に入って奪った銀行通帳で金をおろして、全て燃やしてしまった。彼は金が欲しくて強盗に入った訳ではなく、ただ、他人の幸福がたまらなく腹立たしいだけなのだ。そんな一夫の目の前を、先日、強盗に入った時犯した石本冴子が何事もなかったかのように、婚約者の淳一と歩いていった。二人が冴子の家へ入ってしまうと、一夫も家に押し入り、淳一に先日のことを話す。しかし、淳一は冴子と結婚する意志は固いとひらき直る。怒った一夫は、冴子を殴り倒すとふたたび冴子に挑みかかった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました