日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

(秘)大奥外伝 淫薬おんな狂乱
マルヒオオオクガイデンホレグスリオンナキョウラン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1973年04月25日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
69分  

徳川末期、大奥の乱れに乗じて、将軍家へ復讐するもと名家の女を描く。脚本は藤浦敦、監督は「新色暦大奥秘話 花吹雪おんな事始め」の近藤克彦、撮影は竹内茂三がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
伊藤亮爾
脚本
藤浦敦
監督
近藤幸彦
撮影
竹内茂三
音楽
月見里太一
美術
川船夏夫
録音
高橋三郎
照明
川島晴雄
スチール
寺本正一
編集
井上治
助監督
八巻晶彦

ストーリー

徳川十三代将軍家定は幼少から頭の病に悩まされていたが、中臈おふじの名器によって興奮し、とうとう狂ってしまった。御年寄山吹は、当時、噂の高い祈祷師、全有院好栄に依頼して、薬を調合してもらった。しかし、好栄はかつて家を断絶させられた復讐とばかり、恨みのこもった媚薬を与えた。それは、最初は女を抱きたがるばかりであるが、序々に強くしていくと、狂い死にするという秘薬なのである。一方、老中牧野は御年寄浦路と結託して、家定を隠居させ、他家より養子をもらい実権を握ろうと画策していた。ある日、浦路は好栄の薬と毒薬を取り換え家定を廃人にしようと計り、見事に計画は成功、毒薬の煙で家定は狂い悶え廃人になってしまった。だが、手に入れた秘薬を試してみた牧野と浦路はたちまち狂い死にしてしまった。それもそのはず、その秘薬は、好栄が家定のとどめを刺すべく与えた一番強い薬だったのである。見事復讐をとげた好栄は愛する志馬と江戸を離れて新しい人生を踏み出した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。