日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女地獄 森は濡れた
オンナジゴクモリハヌレタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1973年05月23日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
65分  

マルキ・ド・サドの『ジュスティーヌ』を原作に、悪徳の巣に転回されるセックスの狂乱を描く。脚本・監督は「恋人たちは濡れた」の神代辰巳、撮影は「昼下りの情事 古都曼陀羅」の前田米造が担当。

スタッフ

企画
岡田裕
脚本
神代辰巳
監督
神代辰巳
撮影
前田米造
美術
柳生一夫
録音
神保小四郎
照明
川島晴雄
スチール
井本俊康
編集
井上治
助監督
海野義幸

ストーリー

大正時代。世の中は各地で起った米騒動で騒然としていた。幸子は三日間も歩きつづけていた。幸子の主人が、米騒動に捲き込まれ、目前で殺されてしまい、その場から逃げ出して来たのだ。そんな幸子の後を尾ける一台の車があった。車には、ホテルの女主人・洋子が乗っていた。洋子は幸子を自分のホテルへ招いた。そのホテルとは、奥深い森の中にあり、セックスと暴力で人間が人間を飼育する快楽の園だった。ホテルの男主人・竜之介は、純な幸子を見て巧みに幸子の飼育を始めた。竜之助と洋子にとって善悪などは問題外であり、快楽のみが生きる証しであった。善の象徴たる幸子に対して、異常な興奮を覚えるのだった。そんな時、ホテルへ二人の旅人がやって来た。幸子にとっては言葉の通じあえる唯一の人間だった。しかし、それは竜之肋の企みによって断たれてしまった。竜之肋と洋子は、旅人を快楽の淵に溺れさせ、やがて殺してしまった。食欲なまでに快楽を求める竜之助と洋子。だが、幸子はその快楽を頑なに拒否した。自分が快楽を受け入れたならば、旅人のように殺されることを察知したからである。その三人の奇妙な生活がつづいた。そして、新たな旅人がホテルを訪れた。有頂点になる竜之助と洋子。その眼は残酷さに光り輝いていた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。