日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

雨の夜の情事
アメノヨルノジョウジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1973年05月23日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
67分  

三年前、突然蒸発して行方不明になってしまった夫。その夫が、記憶喪失になって、妻の前に現われた、その裏には意外な事が……。脚本は蘇武道夫、監督は「団地妻 女の匂い」の白鳥信一、撮影は「おさな妻の告白 陶酔 クライマックス」の山崎善弘がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
伊藤亮爾
脚本
蘇武道夫
監督
白鳥信一
撮影
山崎善弘
音楽
真鍋理一郎
美術
柳生一夫
録音
木村瑛二
照明
直井勝正
スチール
目黒祐司
編集
井上親弥
助監督
村井良雄

ストーリー

律子の夫、井口圭介が蒸発したのは三年前である。当時、律子は、仕事ばかりで彼女を顧みない圭介に不満であった。ある雨の昼下り、買物帰りに彼女は、朝倉雅彦の車にはねられ病院に運ばれた。入院中、ろくに見舞いに来ない圭介に比べて、雅彦は毎日彼女を見舞い、憎いはずの彼に次第に心惹かれていった。そして、雅彦も律子を愛するようになっていた。退院の日、ついに二人は身体を許しあった。律子が雅彦のことを打ち明ける間もなく、圭介は突然、蒸発した……。圭介が見つからぬまま三年が過ぎた。律子と圭介の結婚は自然に解消され、晴れて雅彦と結ばれた律子は幸福な生活を送っていた。ある日、律子は、女中のあやと買物の途中、ガソリンスタンドで働いている圭介を見て、愕然とした。翌日、律子は勇気を出して圭介のアパートを尋ねたが、彼の律子を見る目は、まるで他人のようだった。そして、彼は自分は中村一郎といい、数年前記憶喪失になったことを彼女に告げた。律子の心に、かつての愛への償いが芽生えた。一郎が記憶をとり戻し、圭介にかえるための律子の献身的な努力が始まった。だが、彼とすごした過去を尋ねる律子の背後に、女中あやの目があることを律子は知らなかった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。