日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

パンダの大冒険
パンダノダイボウケン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1973年03月17日 
製作会社
東映動画 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
53分  

東映動画二十三本目の作品。くま王国の王子として生まれたパンダが、厳しい自然の中で立派なパンダに成長する物語を、詩情あふれる原野を舞台に描く。

スタッフ

製作
登石雋一
企画
横山賢二
脚本
山浦弘靖
監督
芹川有吾
作画監督
高橋信也
音楽
小杉太一郎
美術
福本智雄

ストーリー

ある暖かい春の日、くまたちの王国に王子さまが生まれました。女王さまは王子さまにロンロンという名前をつけました。ところが、このロンロン、こうの鳥がどこでどう間違えたのか、パンダの赤ちゃんだったのです。子ぐまのピンチとトンチは、おかしくて思わず笑ってしまいます。くま王国の王位を狙っている大ぐまのデモンにとって、王子の誕生は面白くありません。邪魔者がまた一人増えたからです。ロンロンはすくすくと大きくなりましたが、気が弱くて、失敗ばかりしています。そこで、女王さまは、強い子になるようにと、ロンロンを旅に出しました。ロンロンの身を心配して追ってきたピンチも一緒に旅をつづけます。そしてまたデモンの腹心のタヌキのポン太もロンロンを殺してしまうため後を追って来ました。ある町の近くに来たとき、ロンロンとピンチは人間のつくった罠につかまり、サーカスに売られてしまいました。一座の花形、パンダの少女フィフィは弱虫のロンロンを笑って、馬鹿にするのでした。それから、ロンロンの猛くんれんが始まりました。象や、虎や、猿や、スカンクの仲間たちとも友だちになりました。ロンロンは、だんだん強い子になっていきました。ある夜、ポン太がロンロンを殺そうとして、サーカスのテントに火をつけました。逃げ遅れたフィフィや虎たちは、火事の中へ飛びこんだロンロンの勇気でみんな救い出されました。ロンロンは皆をくまの国の隣りにある美しい緑の森に連れて行きました。ところが、そこヘピンチが悲しい知らせを持って来ました。デモンと手下のくまたちが、女王を牢屋に閉じこめてしまったというのです。ロンロンたちは、くまの国に攻め入って悪いデモン一味と闘うことにしました。デモン一味は、道という道をふさいで迎え撃ちます。ロンロンは誰も守っていない大滝を登って仲間たちをみちびき、デモン一味を国から追い払ったのでした。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。