日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

団地妻 火遊び
ダンチヅマヒアソビ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1973年07月04日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
70分  

団地を舞台に、刺激のない生活に飽きた夫婦が破滅へ向って転落する様を描く。脚本は「女子大生 SEX方程式 同棲」の西田一夫、監督は「おさな妻の告白 陶酔 クライマックス」の西村昭五郎、撮影は「女高生 肉体暴力」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
伊藤亮爾
脚本
西田一夫
監督
西村昭五郎
撮影
高村倉太郎
音楽
奥沢散策
美術
柳生一夫
録音
長橋正直
照明
直井勝正
スチール
目黒祐司
編集
西村豊治
助監督
村井良雄

ストーリー

洋一と昌子の夫婦は、結婚して数年たち、倦怠期を迎えていた。昌子は、昔ホステスをしていた頃の馴染みだった、着物のセールスマン高梨に会った。そして二人で組み、団地で着物のセールスをして成功した。やがて、高梨は昌子に挑みかかって来たが、昌子はうまくかわしてしまう。着物の支払いのためと、単調な生活に飽きた昌子は、昔勤めていたバーで、働くことにした。その頃、洋一は、会社の友美との浮気のため帰らない日が多くなっていた。水を得たように生き生きと働く昌子に、昔の馴染客荒川の熱い視線が送られていた。昌子もそれを感じていた。そしてある日、二人はドライブにでかけ、結ばれた。さすがに後めたい思いを抱いて家に帰った昌子だが、そこに洋一の姿はなかった。翌日、昌子は洋一を尋ねて会社に行ったが、途中、洋一と友達の仲睦じい姿を見た。やがてこの夫と妻がそれぞれ、爛れた欲情の生活へと落ちこんでいった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。