日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

団地妻 歓喜の夜
ダンチヅマカンキノヨル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1973年03月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
74分  

衝撃的な事件をきっかけに異常性愛に浸りこんでいく夫婦の姿を描く。脚本は「性豪列伝 お揉みいたします」の久保田圭司、監督は「団地妻 奪われた夜」の遠藤三郎、撮影は「女高生 SEX暴力」の山崎敏郎がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
伊藤亮爾
脚本
久保田圭司
監督
遠藤三郎
撮影
山崎敏郎
音楽
月見里太一
美術
川原資三
録音
長橋正直
照明
土田守保
スチール
浅石靖
編集
西村豊治
助監督
程原武

ストーリー

郊外に新居を構えた小泉和秋と冴子の夫婦は、ようやく結婚一周年を迎えた。ところがその記念すべき日に、冴子は暴漢に襲われた。しかも、その暴漢は彼女を犯したうえ、連れていた犬をけしかけ、冴子を犯さした。その夜、帰宅した和秋は一部始終を知ると、新居を部下の村石行男に譲り、団地へ引越した。だが事件後、冴子の体は夫婦生活に満足しないようになっていた。そんなある日、村石はバーに勤めている妻・マキに和秋を誘惑させ、そのスキに乗じて、冴子を犯してしまった。ある朝、窓からペンキ職人が覗いているにもかかわらず、和秋は冴子に挑みかかった。最初は恥しかった冴子だが、次第に喘いでいく自分の肉体をおさえることができなかった。以後、和秋は家に出入りの店員たちに頼みこんで覗かせては関係するようになっていた。ある夜、和秋は、家にやって来た村石とマキを交えて酒を飲んだ。いやがる冴子にも飲ませ、和秋はマキを、村石は冴子に挑みかかった。必死に逃げた冴子は、夫とマキが抱き合っているのを目撃、その場に立ちつくした。そんな彼女を愛撫する村石。ようやく自分に戻った冴子は狂ったように駈け出した。そして異常性愛に失望し冴子は薬を取り出した……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。