日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜にほほよせ
ヨルニホホヨセ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1973年04月25日 
製作会社
若松プロダクション 
配給会社
その他 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
67分  

劇画、アニメーション、イラストなどの分野で、特異な才能を振るい、独自の世界を拓いて来た林静一が映画という表現分野に挑戦した第一作目である。

スタッフ

製作
若松孝二
企画
若松孝二林静一富山加津江
脚本
林静一
監督
林静一
撮影
吉岡康弘
音楽
かしわ哲はちみつぱい
照明
磯貝一
スチル
野村光俊
編集
竹村峻司
助監督
斉藤ひろし

ストーリー

十数年ぶりに出会った幼ななじみのオサムとレイ子の間に、なつかしさ以上の感情が芽生えた。小沢という中年の男に嫁ぎ、母を養ってもらっているレイ子は、その負いめを振っ切るかのように、貧しい印刷工のオサムの一途な愛に応えていく。二人のつつましい生活が始められた。だが、小沢も、レイ子の母すらも、燃え上ったレイ子の愛を認めようとはしない。とまどい、ためらうレイ子に焦らだつオサム。やり場のない二つの感情が、ぶつかり合い、二人は大喧嘩をしてしまう。オサムの部屋を飛び出したレイ子は、相談にのってくれたオサムの友人の信広に、酒の酔いも手伝い、やけくそ半分に身を委ねてしまう。小沢、母親、オサム、そして信広への思いが、レイ子の胸で激しく、ひしめき、うずまく。そんな関係から、はじき飛ばされたように、オサムは自ら命を絶ってしまう。オサムの死が何もかも無と化してしまった空虚な世界。何事も起らず、何も変わりはしなかったかのように、レイ子が街を歩いている--。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/11/27]

映画情報を72件更新しました。

[2020/10/26]

映画情報を78件更新しました。