日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

外人妻
ガイジンヅマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1973年06月23日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
72分  

茶道家元の若主人を訪ねて来たアメリカ娘が捲き起こすセックス騒動を描く。脚本は「性談 牡丹燈籠」の豊島耕次、監督は「女高生 SEX暴力」の白井伸明、撮影は「団地妻 奪われた夜」の安藤庄平がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
三浦朗
脚本
豊島耕次
監督
白井伸明
撮影
安藤庄平
音楽
世田のぼる
美術
川原資三
録音
長橋正直
照明
高島利隆
スチール
目黒祐司
編集
辻井正則
助監督
上垣保朗

ストーリー

三村家茶道教授三村玄済の家に、若主人久男がアメリカに留学中の時の恋人マーサ・ジーンが女弟子として尋ねて来た。久男は、女弟子のあけみとねんごろにしていたが、早速、マーサに鞍替え、連日、マーサと肉体を重ねるようになった。一方、三村家を追い出されたあけみは、とあるバーでバーテンの川本と花田に犯されるが、この二人を利用して三村家を脅迫することを思いついた。そんなある日、マーサが、顔見知りの外国人にホテルへ連れ込まれ強姦されてしまった。それを知った久男は、マーサに絶縁状を叩きつけ、家から追い出した。一人寂しく公園でぶらついているマーサを偶然見つけた花田と川本。二人は、マーサに薬を呑まして弄ぶのだった。やがて、花田と川本は、久男の目の前でマーサを犯しながら脅迫した。この光景を目の辺り見て怒りに震える久男は、花田に飛びかかった。ドスで脅す花田、苦痛に顔をゆがめるマーサ。久男は花田のドスをもぎ取り、逆に襲いかかった。部屋との境の大ガラスが大音響と共に割れ落ちた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました