日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

バンカク 関東SEX軍団
バンカクカントウセックスグンダン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1973年12月26日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
72分  

“バンカク”シリーズ二作目。対立する二つのスケングルーブの中にいて、愛する男のために命を張るバンカクを描く。脚本は「夜の禁猟区」の蘇武道夫、監督も同作の小沢啓一、撮影は「女子大生 偽処女」の山崎義弘がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
伊地智啓
企画
五味春雄
原作
前原大輔
脚本
蘇武道夫
監督
小沢啓一
撮影
山崎善弘
音楽
多摩零
美術
徳田博
録音
橋本文雄
照明
新川真
スチール
寺本正一
編集
井上親弥
助監督
高橋芳郎

ストーリー

スケバングループ・白百合会とブラックローズの対立は日増しにエスカレートしていた。そんなある日、ブラックローズのお紋が少年院を出た。そして、自分の留守中に、縄張りを荒しまわっていた白百合会のカズミ、マキを掴まえリンチを加えた。一方、暴力団清新会の羽佐間は、スケバン同志の対立に業を煮やし、お紋と白百合会々長の番長・お銀とを仲直りさせようとしたが失敗する。ある日、お紋の母の小料理屋によく来る錠という男が、兄貴分の仇である羽佐間を襲うが、逆に傷ついてしまった。お紋はそんな錠を介抱してやるうちに、いつしか二人は抱き合っていた。お紋はお銀の密告により羽佐間たちに暴行を受けながらも、錠の仇討ちに手を借してやり、錠はついに、羽佐間を殺した。だが、錠自身も、清新会の連中の報復にあい殺された。翌日、二つのスケバングループが見守る中で、お紋とお銀の死闘が行なわれ、お紋は錠のかたみのドスで、お銀の胸を突き刺した……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。