日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

(秘)商社情報 女買い占め売り惜しみ
マルヒショウシャジョウホウオンナカイシメウリオシミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1973年08月15日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
66分  

買い占めブームの現代、会社の命令で夜の蝶を買い占めまくる男を描く艶笑喜劇。脚本は「(秘)女郎残酷色地獄」の大工原正泰、監督は「外人妻」の白井伸明、撮影は「性教育ママ」の萩原憲治がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
松岡明
脚本
大工原正泰
監督
白井伸明
撮影
萩原憲治
美術
川原資三
録音
木村瑛二
照明
土田守保
スチール
寺本正一
編集
井上親弥
助監督
上垣保朗

ストーリー

十数倍の難関を突破して無事“マルチョン物産”に入社した乗田則夫の最初の仕事が“銀座の夜の蝶”の買い占めだった。早速、則夫は銀座にでかけて、夜の蝶たちを口説いているところに、彼女たちのヒモに囲まれた。だが、丁度通りかかった、これもホステスのマコの口利きでその場は収まった。翌日、同僚の糠津八郎と日比谷公園に出かけた則夫は、混血のアンとキャシーを口説いたものの二人はまだ学生、と聞いてガッカリ。一方、八郎は次々と女を口説きおとし則夫を口惜しがらせる。ある日、先日のヒモにまた掴まり、殴り倒された則夫は、またマコと会った。そして、彼女に誘われるままにホテルへ。ところが、そのホテルで木戸田部長の姿を見つけ、あわててマコと逃げ回った末、やっと彼女と抱き合うことができた。数日後、木戸田部長は、則夫を先日のホテルへ連れて行った。自分の姪と見合いをさせるというのだ。が、その相手というのがマコだったので二人はビックリ。実は、マコは部長の姪などではなく、このホテルで時々逢引きしている愛人だったのだ……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました