日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

麻薬売春Gメン 恐怖の肉地獄
マヤクバイシュンジーメンキョウフノニクジゴク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1972年12月16日 
製作会社
東映東京映画 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

“麻薬売春Gメン”シリーズ第二作。沖縄の美しい景色を背景に、そこに巣食う麻薬組織に敢然と挑戦する麻薬Gメンたちを描く。脚本は「麻薬売春Gメン」の金子武郎、監督は脚本も執筆している同作の高桑信、撮影も同作の星島一郎がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
安斉昭夫
脚本
金子武郎高桑信
監督
高桑信
撮影
星島一郎
音楽
津島利章
美術
中村修一郎
録音
内田陽造
照明
銀屋謙蔵
スチール
加藤光男
編集
田中修
助監督
橋本新一

ストーリー

琉球舞踊家王垣志津子がヘロインを注射した後、マンションから落ちて死亡した。麻薬Gメン菊地晴夫は、ヘロインが沖縄から流れて来ていることを知り、直ぐ沖縄へ飛んだ。菊地はまず、志津子の二人の妹、伊津子と美津子に会う。また菊地は沖縄の麻薬組織を握っている与儀不動産社長に近ずくが、与儀は何者かに殺されてしまう。菊地はヘロイン患者を装って、色々と情報を収集している時、売人の国夫と知り合い、仲良くなる。ところが二人で麻薬患者の乱行パーティーに行ったところを警察の手入れに会い逮捕されてしまった。しかし、警察で菊地は沖縄の麻薬Gメン・新城と会い、共同で捜査を再開する。二人の捜査で、与儀不動産のバックには東京の組織があり、その組織から伊藤という男が、沖縄に派遣されていることが判明。やがて、東京の組織の必要以上の介入のため、与儀不動産で内紛が起こり、国夫が殺されてしまった。そして幹部同志の宮里と比嘉の間にも険悪な空気が流れるようになった。数日後、伊津子が婚約者のカミングスに殺害された。カミングスが麻薬の運び屋であることが、伊津子に知られたからである。二人の姉を失った美津子の涙を見守る菊地と新城は麻薬に対する怒りを組織にぶっつけた。伊東たちと、カミングスの麻薬の取引き現場を菊地らGメン達が急襲、激しい銃撃戦の末、全滅さすのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。