日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

色情姉妹
シキジョウシマイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1972年11月29日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
73分  

うす汚れた町に生まれ育った姉妹が、親から受けついだ多淫多情な血に自らも押し流され、豊満な肉体を陶酔と快楽の中に標よわせていく。脚本は「盛り場 流れ花」のはたの三郎、監督は「性談 牡丹燈籠」の曽根中生、撮影は峰重義がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
伊藤亮爾
脚本
はたの三郎
監督
曽根中生
撮影
峰重義
音楽
奥沢散策
美術
山本昂
録音
木村瑛二
照明
土田守保
スチール
寺本正一
編集
鍋島惇
助監督
海野義幸

ストーリー

東京と千葉の境、浦安のゴミゴミとした長屋に、大月伝吉が住んでいる。酒のみで、ぐうたらの彼には、女房ふじえと、ふじえの連れっ子・しのぶと、さつき、すみれの三人の娘かいる。長女しのぶは酒場で酔客相手の手伝いをしている。だがそれをよいことに伝吉はいつも酒をたかりに来る。ある日、しつこく酒をせびる伝吉と客の六造が大喧嘩してしまい、そんなことからしのぶは六造に借りができてしまった。数日後、しのぶは六造に山昇りに誘われた。六造の本当の目的は、しのぶの体であり、しのぶは彼の凄いセックスに失神する程であった。その日以来、しのぶは六造と離れられなくなった。さつきは、都心の商事会社に勤めており、同じ課の佐脇一郎に好意を寄せていた。ところが同僚の京子も一郎に好意を寄せているため、さつきは強引に一郎と関係を結び、結婚の約束をしてしまった。ところがある日、一郎の親と会っている時、京子に邪魔をされ破談となってしまった。すみれは高校生であるが、女番長として喧嘩の毎日を送っており番長同志の集団暴行の際に、警察に補ってしまった。一方、酒場の旦那千波は、伝吉からしのぶを離すべく、伝吉に隠れて店を持たした。しかしそれを知ったさつきは、破談になった腹いせもあって、自分の体を餌にしてその店を横取りしてしまった。数日後。伝吉が実の子でないしのぶに挑みかかった。しかし、丁度居合せた六造が、咄嗟にビール瓶で殴り倒した。伝吉はそのまま動かなくなってしまった……。そんな出来事があってから、しのぶ、さつきの姉妹は、自分達に流れている淫蕩で狂った血を洗い流されぬものならと、次々と男に身をまかせ、情欲の奔流に押し流されていくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。