日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

白い天使の抱擁
シロイテンシノホウヨウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1972年11月08日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
70分  

自らの職業に誇りを持ち、自らの幸せを求めて苦悩する若い女性の青春を描く。脚本は「牝猫たちの夜」の中野顕彰、監督は「OL日記 牝猫の匂い」の藤井克彦、撮影は「雨のヘッドライト」の安藤庄平がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
伊藤亮爾
脚本
中野顕彰
監督
藤井克彦
撮影
安藤庄平
音楽
月見里太一
美術
渡辺平八郎
録音
木村瑛二
照明
新川真司
スチール
寺本正一
編集
井上親弥
助監督
中川好久

ストーリー

松井冬子は東京にある大木病院の看護婦である。冬子には同じ病院に勤める若い外科医、谷精一郎という恋人がいる。ある日、二人はデイトの帰り、車で石田という男をはねてしまうが、大事にいたらず友人の病院に入院させた。数日後、理事長の娘久美子が特別室に入院し、主事医として谷が選ばれた。外科部長選挙に敗れたばかりの谷にとっては出世のチャンスである。早速久美子に取り入り関係を持つようになる。一方冬子は石田との示談を谷に頼まれ、交渉するが、石田は示談金のほかに、全快するまで石田を看護するという条件を出し、冬子は承知する。やがて冬子は全快した石田に示談金を渡すと、デイトを約束させられてしまう。地下道で詩集を売ったりしている石田は、冬子にとって得体の知れない男であるが、少しづつ魅かれていく自分を感じていた。その晩、二人は結ばれた。しかし二人ともこれが最初で最後であるということを知っていた。石田と別れた冬子は、谷のマンションを訪れるが、谷は久美子と一緒だった。逃げるように冬子はマンションを出た。一方、共同病室にいる患者、滝と工藤は欲求不満に陥り、久美子を襲い、犯してしまった。しかし久美子は自分の命があと数カ月であることを知っており、自ら進んで犯され、二人に冬子を犯すようにとそそのかす。翌日、久美子は冬子を特別室に呼び、睡眠薬を飲ませ、滝と工藤に犯させた。ところが、丁度特別室を訪れた谷が激怒して久美子を殴り飛ばすと、久美子は倒れ、病気が悪化してしまった。手術の用意がされ、谷は冬子の手助けもあり手術は成功する。冬子と久美子の間には、過去のわだかまりをすてた友情が芽生えたが、快方に向かっていた久美子は突然、死んでしまった……。数日後、地下道で相変らず詩集を売っている石田の前に、谷とも病院とも別れた冬子の明るい姿があった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。