日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

団地妻 昼下りの悶え
ダンチヅマヒルサガリノモダエ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1972年08月05日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
67分  

団地に住む若夫婦と妻の妹。妻が夫と妹の間を疑ったことから、思わぬ“罠”におち入っていく。脚本は吉原幸夫、監督は「闇に浮かぶ白い肌」の西村昭五郎、撮影も同作の山崎敏郎がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
武田靖
脚本
吉原幸夫
監督
西村昭五郎
撮影
山崎敏郎
音楽
世田のぼる
美術
渡辺平八郎
録音
古山恒夫
照明
高島利隆
スチール
寺本正一
編集
辻井正則
助監督
八巻晶彦

ストーリー

郊外の団地に、菊地清と妻の千鶴子、そして千鶴子の妹節子が住んでいた。節子は清と出勤時間が同じなので、よく連れだって出かけた。ある日、近所の阿部夫人より、清と節子の間が怪しいと忠告された千鶴子は、二人の関係を疑がうようになった。そして、節子が洗面所で吐くのを目撃した千鶴子はますます疑いを深める。そんなある日、以前ボーリング場で知り合った福田が尋ねて来て無理矢理、千鶴子を犯してしまった。そして、肉体関係をネタに千鶴子に売春を強要。一方、千鶴子が疑っていた節子の妊娠は、実は会社の同僚、浅井と関係したからであり、節子は浅井に結婚を迫っていた。そして、節子は清に浅井との関係を告白し、二人の仲を取りもって貰うことにする。清は千鶴子の意見も聞こうと節子と家に向かった。が、その頃、団地の屋上から、千鶴子が身投げをしてしまっていた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。