日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

艶説女侠伝 お万乱れ肌
エンセツニョキョウデンオマンミダレハダ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1972年08月26日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
72分  

女の性の悲しさ、義理と恋の板ばさみに悩む女の苦悩を描く。脚本は田中陽造、監督は「真昼の情事」の藤井克彦。

スタッフ

企画
松岡明
脚本
田中陽造
監督
藤井克彦
撮影
萩原憲治
音楽
月見里太一
美術
横尾嘉良
録音
紅谷愃一
照明
熊谷秀夫
スチール
目黒祐司
編集
井上親弥
助監督
上垣保朗

ストーリー

女壺振師らしゃめんお万はやくざ稼業から足を洗い、手相見風来堂の口聞きで料亭・銀月で仲居として働くことになった。店の看板にまでなったお万だが、同僚の仲居たちの嫉妬を買う。主人銀次郎はお万を折檻することで仲居たちの気持ちを静めた。しかし、お万を折檻している間に銀次郎はお万に魅了され、狂ったように抱きしめるのだった。以後二人は、銀次郎の妻お才の眼を盗んで関係をつづけるようになる。その頃、風来堂の息子、良吉が逃げこんで来た。良吉にはお照という河権一家の女郎の恋人が居たが、自由にするためには三百円も必要だというのである。一方、銀次郎とお万の関係は、お才の知るところとなりお万は即刻クビ。ふたたび賭場で壺を振るようになる。お照が良吉の元に逃げて来た。全てを知った風来堂はお照の身請金を稼ごうと、サイコロ勝負に挑み、見事三百円を勝ち取るが、河権に惨殺され金まで奪われた。しかも、お照、良吉も殺されてしまった。お万の怒りが爆発した。単身、河権一家に殴り込み、風来堂、お照、良吉の仇を討つべく次々と血祭りにあげていくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。