日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

情婦(1972)
ジョウフ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1972年08月26日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
68分  

運命に逆い必死にどろ沼のような生活から這い上ろうとする女と、自ら深みにのめり込んでいく男との愛憎を描く。脚本は「秘事」の久保田圭司、監督は「団地妻 忘れ得ぬ夜」の遠藤三郎。

スタッフ

企画
松岡明
脚本
久保田圭司
監督
遠藤三郎
撮影
山崎喜弘
音楽
世田のぶお
美術
土屋伊豆夫
録音
福島信雅
照明
高島正博
編集
辻井正則
助監督
白井伸明
スチル
寺本正一

ストーリー

由美がホステスをしているキャバレーで、黒木興業の社長が何者かに襲われた。由美は客の一人がその男だと気付くが裏口からそっと逃がす。その夜、由美が犯人を逃がしたと知った黒木の配下が由美をリンチにかけるが、飛び込んで来た先刻の犯人、遠野潤に救出される。以来由美は潤に思いを寄せるようになった。潤には病院で入院しているマリという独り娘があったが養生のかいもなく死んでしまう。涙とともに絶叫する潤。そこには殺し屋と恐れられている彼の姿は無く、一人の優しい父親の姿が見られた。そんな彼に由美は初めて愛を告白する。一方、潤に襲われた黒木は半身不随になり、代って梨江が組織を取仕きることになる。そんなところへ黒木と兄弟分の武井実が訪れ、梨江と関係を結び、組織を支配するようになる。そして、黒木を潤に襲わせた城北会の滝も武井たちと組むことになった。一方、由美から子供ができたと知らされた潤は二人の幸福を取り戻そうと決心する。そして滝から持ちこまれた武井殺しを引き受け、武井のマンションへと向う。このことを知った由美は潤の後を追うが駈けつけた時にはすでに遅く、血まみれの潤と武井の死体が床の上に横たわっていた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。