日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

色暦大奥秘話 刺青百人競べ
イロゴヨミオオオクヒワイレズミヒャクニンクラベ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1972年08月05日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
69分  


スタッフ

企画
伊藤亮爾
脚本
久保田圭司
監督
近藤幸彦
撮影
前田米造
音楽
山野狩人
美術
川船国彦
録音
榊八郎
照明
松下文雄
スチール
井本俊康
編集
鍋島八郎
助監督
浅田真男

ストーリー

宝永六年。江戸城大奥にて一人の中臈おしんが六代目将軍徳川家宣に手打ちとなり、その部屋は“明かずの間”となり、以来、誰一人入らなかった。四年後、おしんの妹お八重と、お美代が大奥への御奉公が命ぜられる。お八重には姉の死因を探る目的があった。当時、大奥では、お清の方とお蝶の方の二つの勢力が張りあっていた。そして二人は、家宣の側女を刺青競べにより決定しようとした。お蝶の方は、江戸随一の刺青師彫辰に依頼し、お美代に彫ると発表。一方、お蝶の方は、新三という彫辰の弟子に依頼し、お八重に彫ることにする。新三とお八重は刺青を彫り進むにつれ互いに魅かれていった。そして新三が彫った刺青は、お八重の感情の昂揚する度に妖しく変化する隠し彫りで見事お美代に勝つのだった。以来、家宣の寵愛を受けたお八重は念願の“明かずの間”の秘密を見る。そこには、おしんの遺牌、遺髪などが安置されており、部屋中におしんの怨念が満ちているかのようだった。そして床の上には、刺青競べで破れたお蝶の方と、お蝶の一派だった医師玄斉が逃げて来たのであろうか、呪い殺されたかのような死骸が横たわっていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。