日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

隠し妻
カクシヅマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1972年07月19日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
66分  


スタッフ

企画
三浦朗
脚本
白鳥あかね
監督
小沼勝
撮影
萩原憲治
音楽
真田勉
美術
桜戯苛
録音
橋本文雄
照明
高島利隆
スチール
寺本正一
編集
辻井正則
助監督
岡野敬

ストーリー

東北の貧しい漁村で育った夕子は、東京に下宿している大学生の恋人和夫を追って上京した。そして、スーパーマーケットの売り子として働く一方、和夫と再会するが、和夫の心はすでに夕子から離れていた。そんな時、テレビ・タレント内藤草太郎と知り合い、和夫に捨てられた淋しさから、また憧れもあり、夕子は全てを捨て草太郎の胸に飛び込んでいった。草太郎にとっては遊びのつもりであったが、夕子の純真さに魅かれ同棲することにした。しかし、その生活とは夕子は誰にも会わず、草太郎の浮気を認め、結婚はしないという、全くの隠し妻の生活であった。しかし、そんな生活も過去の不幸な生活からみれば、夕子にとってはバラ色の生活であった。新婚同様の幸せな生活が続いた。しかし、その生活は長続きはしなかった。草太郎の恋人マキの訪問、そして二人の激しい愛撫。トイレに身を隠して、耐えていた夕子は、とうとう耐え切れず、屋上へ飛び出し、自殺未遂を犯す。この事件が公になり、草太郎は芸能界から締め出されてしまった。やむなくホスト・バーに勤めた草太郎は、脂切った中年女の実業家園山とめに近づいていった。今や、草太郎に全てを賭けた夕子は、草太郎と心中すべく青酸カリを入手、ホスト・バーで、草太郎、とめ、そして自分の飲物に盛る。ところが、青酸カリだと思っていたのが実はただの睡眠薬。夕子は殺人未遂で逮捕されてしまった。この事件で、夕子のひたむきの愛に目醒めた草太郎は、三年間出所する夕子を待ち、夕子と屋台のラーメン屋を開業する。そこには草太郎の愛を得た、若々しい幸せな夕子の姿が見られた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。