日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

続・色暦大奥秘話 淫の舞
ゾクイロゴヨミオオクヒワインノマイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1972年05月27日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
64分  


スタッフ

企画
岡田裕
脚本
新関次郎
監督
林功
撮影
川崎善弘
音楽
月見里太一
美術
菊川芳江
録音
紅谷愃一
照明
松下文雄
スチール
井本俊康
編集
山田真司
助監督
中川好久

ストーリー

十二代将軍家慶は、大奥で御客会釈の藤岡の世話により、おるりを日夜、抱きしめていた。一方、藤岡の先輩格で、おせきを推薦している雲井は全く面白くなかった。それで、雲井は、レスビアン趣味である、御年寄稲葉の局の相手をしながら、将軍への口添を頼みこむ。雲井の願い通り、おせきに声がかかり、将軍と床を共にするのだが、将軍の力が弱く不成功に終った。その頃、おるりの懐妊が発表された。稲葉は、藤岡の側に付いた方が得だと考え、レズ相手も藤岡へ変えた。雲井の権力は落ち、心は口惜しさに張り裂けんばかりだった。雲井は宿下りしたとき、桐本啓之進を訪ねた。啓之進は、忍者であり、大奥に忍び込むように頼む。二人は幼少時からの知り合いで、大奥へ上るまでの恋人でもあった。数日後、雲井の部屋へ啓之進が忍び込んで来た。雲井は、啓之進におせきを抱かせた。啓之進は、おせきを抱き、事が終ると、忍びの術でおせきを眠らせた。雲井は待ちかねてたまらず啓之進に抱きついた。それに答える啓之進がハッとなった。大奥を警備している伊賀者に発見されたのだ。逃げられぬと覚悟した啓之進は、大奥に火を放った。たちまち、火は燃え上った。叫び合う大奥の中で雲井は啓之進を抱いた。二人は狂おしく、炎の中で絶頂へと向っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました