日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

白い女郎花
シロイオミナエシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1972年04月08日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
68分  


スタッフ

企画
伊藤亮爾
脚本
久保田圭司
監督
藤井克彦
撮影
高村倉太郎
音楽
小杉太一郎
美術
松井敏行
録音
神保小四郎
照明
土田守保
スチール
目黒祐司
編集
井上親弥
助監督
亀田誠志郎

ストーリー

幕末の頃。お雪は江戸の商家へ年季奉公へ行くことになっていたが、玉入れ屋喜之助にだまされ、根津の岡場所、しぐれ屋に売られてしまった。打ちひしがれたお雪をはげますのは先輩女郎お勝だけだった。しかしお雪は、男に抱かれる度に艶やかに成長し身を女郎に染めていった。ある日、役人に追われた勤王の志士久世鉄太郎を助けた事から、鉄太郎に思いを寄せるようになる。鉄太郎は、大老井伊直弼が調印した不平等条約打破の協力をお雪に頼み、お雪が女郎から足を洗うだけの小判をおいて去ってしまった。お雪は、しぐれ屋に借金を返し、恋しい鉄太郎を求めて江戸の町を探し歩いた。ある日、道で足をくじいた老婆を介抱したことから、気に入られ、老婆の家に奉公する事になった。ところが、その家が鉄太郎の実家であり、鉄太郎に再会できたが、鉄太郎は既にお雪の事を忘れており、菊称という恋人がいた。かなわぬ恋と知りつつ一層奉公にはげむのだった。ある日、鉄太郎たち志士が計画している黒船焼打を喜之助が知り密告した、という事をお勝から知らされたお雪は、鉄太郎に知らせる。鉄太郎は仲間に知らせに行こうとしたが菊称は仲間と手を切るようにすがりつく。そんな菊称をお雪はしかるのだった。その真剣さに鉄太郎は以前自分を救ってくれたお雪だったことを思い出し、あらためてお雪の美しさと純真さを知り自分の行動を信じてくれるお雪とともに菊称のもとを去るのだった。井伊直弼が桜田門外で殺害された。鉄太郎は、今度は自分たちの番だと意気ごむが、仲間たちは最初からそんな気はなく、鉄太郎から金をたかるだけだったのだ。怒った鉄太郎は、激怒の白刃を抜く……。お雪が駈けつけたときには、彼は血の海に息たえていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。