日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ラブハンター 熱い肌
ラブハンターアツイハダ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1972年03月29日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
Burning Skin  
上映時間
67分  


スタッフ

企画
三浦朗
脚本
荻冬彦
監督
小沼勝
撮影
前田米造
音楽
世田のぼる
美術
渡辺平八郎
照明
高島利隆
スチール
寺本正一
編集
鍋島惇
助監督
田中登

ストーリー

矢野志摩子は、かつて自分が運転する車で事故を起し同乗していた夫、和彦を性不能者にしてしまい、毎日欲求不満の毎日を送っていた。ある日、志摩子は結婚前のプレイメイト祐介を久々に呼び出して、日頃の不満を発散させるべく官能の渦にのまれていくのだった。ところが、カーセックスの最中、行為も頂点の頃に、サイドブレーキがはずれ、車は坂をころがり落ちてしまった。志摩子はどうやら一命をとりとめたが、祐介はすでに息絶えていた。物陰から目撃していた、周一の姿があった。彼は以前から志摩子に目をつけていたのである。和彦は、社会的地位を考慮し、この事件をもみ消した。しかし、周一は、現場写真をネタに百万円を要求してきた。和彦はすぐにその要求に応じた。その代償として和彦は、志摩子に一生かかって償いをせよとせまった。もはや志摩子は和彦に何の未練もなかった。すっかり亀裂の入った和彦と志摩子の間にはすでに、夫婦生活は存在しない。志摩子は周一に誘われるままに久々に女の歓喜に酔いしれるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。